おでかけコンシェル

【埼玉】人気ベーカリーに寄り道して、フォトジェニックな公園と施設充実の温泉を楽しむ日帰りドライブ

2018/11/21
その他

埼玉県南西部に位置する飯能周辺は都内からもアクセスしやすく、日帰りドライブにうってつけのエリア。豊かな自然の中にある「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」は、フォトジェニックな人気スポット。今回は公園に向かう前に、ちょっと早起きして人気のパン屋さんに立ち寄って、焼きたてのパンを調達。ピクニック気分で公園の芝生の上で食べるのもおすすめですが、焼きたてのパンをその場で食べたいという食いしん坊は、お店のテラスで召し上がれ。楽しく遊びながら子どもたちの創造力を育てる公園で思いっきり遊んだあとは畜産品をメインとしたテーマパーク内にある温泉へ。お買い物や食事もできる施設充実のスポットはドライブの締めくくりにぴったりです。

一度食べたらまた食べたくなる! 飛ぶように売れる食パンやカレーパン

毎日500斤以上も売り上げる「天熟(てんじゅく)食パン」の店としてメディアに取り上げられることも多い「天然酵母パンの店 サンセリテ」。お店がオープンしたのは狭山台団地が誕生した直後。街に寄り添い、地元に愛され続けるパン屋さんは2018年秋に40周年を迎えました。

お店の看板商品「天熟食パン」(302円)は、文字通り天然酵母でじっくり熟成させた食パン。ホシノ天然酵母の生種起こしに始まり、生地の発酵から焼き上がりまでは3日間を要するそうです。

「天然酵母でゆっくり熟成させることで小麦本来の味わいが引き出され、しっとりかつ、もっちりとした食感に仕上がります」と、オーナーシェフの髙田知明さん(以下同)。トーストせずに、そのまま食べても美味しい食パン目当てに遠方から車でかけつけるパン好きも多く、駐車場には他県ナンバーも。

店内には朝7時のオープンと同時に焼きたてのパンが次々と並びます。レギュラー90種類に加え、季節限定のパンも登場します。数々のコンクールで受賞したパンも要チェックです。

日本カレーパン協会主催の「カレーパングランプリ2017」で金賞を受賞した「天然酵母のカレーパン」(194円)。揚げたてを味わってもらいたいと、店内の様子を見ながら揚げる量を調整していますが「2台のフライヤーをフル稼働しても追いつかないことがあります」。

陳列されるやいなや瞬殺でなくなるカレーパンの特徴は自家製キーマカレーと天然酵母仕込みのパン生地、天熟食パンを使ったパン粉、そして揚げ油にあります。

「食べるとひき肉たっぷりのキーマ風ですが、実は見た目にはわからないくらい細かく刻んだ野菜がたくさん入っていて、野菜カレーと言ってもいいくらい」と、髙田さん。

カレー粉、和風だし、コンソメを調合し、隠し味のパイナップルやワインなどで野菜が溶けるギリギリまで煮込んだ深い味わいカレーを、もちもちの生地に包んで揚げています。米油を配合した油で揚げることで、揚げたてはもちろん、冷めても美味しくいただけます。自称“パンおたく”という髙田さん。納得のいくカレーパンを完成させるまでに半年ほど費やしたそうです。

グリーンオリーブとマカダミアナッツを練り込んだ生地をねじって焼き上げた「ねっこパン」(334円)は「パングランプリ東京」で最も優秀な東京都知事賞を受賞。食べ応えのあるハード系のパンはナッツの歯ごたえとオリーブの塩気がほどよく、ワインやビールとも好相性です。

厨房ではちびっこが大好きなクリームパンや定番人気の塩ロールパンなど、焼きたてのパンがスタンバイ。パンづくりの様子が見える店内はライブ感いっぱいです。また、毎年開催する「夏休みこどもパン教室」も好評で、希望者が多いため抽選とのこと。

併設テラスでのイートインもOK。朝限定でスープのサービスや、パン1000円以上購入でホットコーヒーサービスも。焼きたてパンを食べに早起きしてでかけたくなるお店です(スープはセルフサービス。なくなり次第、終了。コーヒーはカフェ営業時間内に限ります)。

天然酵母パンの店 サンセリテ
埼玉県狭山市狭山台3-11-2
TEL: 042-957-8934

・営業時間:7:00〜19:00(カフェ10:00〜17:00)
・定休日:水曜日
・駐車場: 40台(無料)
・推奨年齢:特になし
・授乳室:無
・おむつ台:無
・トイレ:1箇所 (ウォシュレット有) 
・ベビーカー:可
・弁当持ち込み:不可

ホームページ http://www.panya3.com/


北欧生まれの童話の世界をモチーフにした好奇心くすぐるメルヘンの森へ

「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」は、埼玉県飯能市が運営する無料の公園。遊具やアトラクションはありませんが、ダイナミックで神秘的な北欧の大自然に抱かれたような気分に浸ることができ、いつ訪れても老若男女の人で賑わっています。

ヘルシンキ生まれのトーベ・ヤンソン氏は童話作家、画家、挿絵や風刺漫画家、小説家として数多くの作品を世に残し、「ムーミン童話」の原作者としても有名です。

原作者が作り出した童話の世界観と、自然と共存しながら暮らす北欧のスピリットを具現化したのがこちらの公園。テーマパークではなく、自然を大切にする心や、好奇心を刺激する遊び場なのです。

公園に向かって歩くと、まずに目に飛び込んでくるのが「きのこの家」。メルヘンの世界へ誘われるように中へ入ってみると入り組んだ構造の不思議な空間が広がります。

「きのこの家」の内部には階段や洞窟穴など、隠し部屋のような仕掛けがたくさんあります。かくれんぼ感覚で楽しめ、ちびっ子たちに人気です。ドールハウスのディスプレイもあり、誰か住んでいるような錯覚に(段差や高所などがあるため、小さなお子さまはお気をつけください)。

青いとんがり帽子の屋根が印象的な建物は、きのこの家同様、フォトジェニックなスポット。欄干で記念撮影に興じる人が多いのは言うまでもありません。

不思議な形をした「見晴らし橋」。親子で想像力を膨らませながら「何に見えるかな?」と、考えるのも楽しいかもしれません。

橋の上には起伏に富んだ地形を生かしたデッキウォークがあり、小さな森を散策できます。

波打つ外観が目印の「森の家」。飯能の特産「西川材」のヒノキの丸太でできています。1階にはトーベ・ヤンソン氏に関する資料展示コーナーが。

2階には自然にちなんだ絵本や赤ちゃん向けの絵本などを集めた図書コーナーがあります。木のぬくもりが感じられる開放的な吹き抜けの空間で自由に読書を楽しむことができます。

今年6月にオープンした「cafe Puisto(カフェ プイスト)」。北欧インテリアを基調とした店内では地元の野菜やフルーツを使ったメニューをオンリスト。テイクアウトもOKです(一部、テイクアウトできないメニューあり)。

訪れる季節によって、さまざまな表情を見せてくれる「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」。メタセコイアが美しく色づく秋の紅葉シーズン、冬の幻想的な雪景色など、空気が澄み切ってくるこれからの時期ならではの風景に出会えます。

トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園
埼玉県飯能市大字阿須893-1
TEL: 042-972-7711

・開園時間:9:00~17:00(季節によって開園時間は変更)
・休園日:月曜(祝日の場合はその翌日)、12月28日~1月4日
・駐車場:約250台(隣接施設と共用/無料)
・推奨年齢:とくになし
・授乳室:無(要相談)
・おむつ台:有(みんなのトイレ内)
・トイレ:男性1箇所・女性1箇所 (ウォシュレット有) 
・ベビーカー:可
・弁当持ち込み:可(各施設内での飲食は不可)

ホームページ https://www.city.hanno.lg.jp/akebono/


毎日、源泉を入れ替えるこだわりと、体の芯まで温まるお湯が自慢の日帰り温泉施設

ドライブのしめくくりは充実の癒し空間と優しい肌ざわりが自慢の「天然温泉 花鳥風月」へ。温泉施設は「食のテーマパーク」として知られる「埼玉種畜牧場」略称サイボクの敷地内にあります。

地下2000mから湧出した源泉は塩分を含み、保温効果バツグンで、肌に優しい弱アルカリ性。「温まりの湯」「美肌の湯」とも呼ばれています。

泉質と鮮度に徹底的にこだわり「毎日閉館時に浴槽のお湯を抜き、早朝に清掃して新鮮な源泉に入れ替えています」と、館長の佐藤高志さん。また、月に数回、みかん皮湯、ゆず湯、しょうが湯などの変わり湯も登場するそうです。

館内の湯処は「花鳥」と「風月」に分かれていて、毎週水曜ごとに男女が入れ替わります。野趣あふれる屋外にはそれぞれ大露天風呂や炭酸泉、探検気分を楽しめる洞窟足湯、空に手が届きそうな空中炭酸泉などがあり、風情と開放感を味わいながらゆっくり過ごせます。

大きなガラス窓から自然光がたっぷり降り注ぐ内湯。浴槽も広々として快適です。洗い場にもゆとりがあり嬉しい限り。

腰かけベンチを備えたくつろぎ座湯はぬるめの高濃度炭酸泉。血行がよくなる炭酸泉は全身の新陳代謝を促進してくれるのが特徴。

湯処の出入り口の前にはお風呂上がりの待ち合わせにちょうどいいラウンジがあり、小さなお子さま向けのスペースも完備。

2階にあるお休み処。入浴後は和室の大広間でゆっくりくつろぐことができます。視界の広い大窓から見える樹々にも癒されること間違いなし。また、マッサージやエステなど、ママ思いのプランも各種あり。運転手のパパには足つぼマッサージもオススメです。

「おみやげコーナーも充実しています。オリジナル商品はもちろん、地元埼玉にちなんだものを中心に取り揃えています。ここまで広くて品数が豊富なおみやげコーナーがある日帰り温泉施設はないと言ってくださるお客さまも多いです」と、佐藤館長。
館内にはレストランもあり、銘柄豚ゴールデンポークや新鮮野菜を使ったメニューが味わえます。

おみやげコーナーでのオススメはなんといっても自社の加工品であるウインナーやハム類。自社の数ある商品の中から、人気の商品を厳選して陳列しているとのこと。

温泉施設を擁するサイボクの敷地は東京ドーム約2個分。緑に囲まれた敷地内には隣接の工場直売ミートショップやレストラン、旬の農産物の直売所などが点在しているので、ぜひとも温泉とセットで楽しみたいスポットです。

天然温泉 花鳥風月
埼玉県日高市下大谷沢546
TEL: 042-919-2626

・料金:大人1100円、子人850円(平日)
    大人 1350円、小人950円(土・日・祝)
・営業時間:10:00〜22:00(最終受付21:00)
・休館日:月1回(火曜日)
・駐車場: 1000台(無料)
・推奨年齢:原則としておむつの取れていないお子さまは浴槽の入浴はできません。(ベビーバスの貸出はフロントまで。利用は内湯エリアのみ)
・授乳室:あり
・おむつ台:あり
・トイレ:男性4箇所・女性4箇所・多目的トイレ2箇所 (ウォシュレット有) 
・ベビーカー:可
・弁当持ち込み:不可

ホームページ http://www.saiboku.co.jp/kachofugetsu/


アプリダウンロード
おでかけコンシェル ダウンロード
おでかけコンシェル ダウンロード
提供:アルパイン

この記事で紹介しているスポット

関連記事

おでかけコンシェル アプリイメージ
アルパインのおでかけアプリ「おでかけコンシェル」 アプリなら、カーナビにかんたん転送! おでかけを提案する記事やイベント情報、現在地周辺情報など、おでかけサポートが充実!
気になるスポットは保存したり、アルパインのカーナビへ転送することができます。
週末のおでかけのプランニングにお役立てください♪
App Storeでアプリをダウンロード Google Playでアプリをダウンロード QRコード
ALPINE
©ALPINE ELECTRONICS, INC./ALPINE ELECTRONICS MARKETING, INC. ALL RIGHTS RESERVED.