おでかけコンシェル

春に行きたい【京都】おすすめ観光スポット22選!定番から穴場まで

2020/01/13
季節

暖かくなり、お出かけが楽しみになるこの季節。 今回は春の京都おすすめの観光スポットをご紹介!歴史的建造と花々の共演、渡月橋や南禅寺など、定番のスポットも桜に包まれて、いつもとは異なる美しい姿を見せてくれます。 今しか堪能できない京都に出かけよう!記事配信:じゃらんニュース ※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました出町ふたば出典:じゃらん 観光ガイド 出町ふたば 口コミ ピックアップ/ 豆大福が有名ですが、餅もあんこも美味しいので、他の和菓子もはずれがありません。 できれば出来立てを食べた方が餅の柔らかさを楽しめます。 (行った時期:2018年5月)ふたばといえば豆餅ですが、塩味の聞いた豆が甘いあんこともっちもちのお餅との相性抜群です。常に行列ですが、朝一番ならそれほど並ばずに買えるかと思います。また、季節ごとのお餅もそれぞれとてもおいしいので、一緒に買うことをお勧めします (行った時期:2018年4月)■出町ふたば [住所]京都市上京区青竜町236 「出町ふたば」の詳細はこちら中村藤吉本店出典:じゃらん 観光ガイド 中村藤吉本店創業安政6年、140年以上も営業し続けている茶商です。 一見、お店に見えない佇まいでお茶を販売。中庭には樹齢約200年の見事な宝来舟松があり、ため息モノの美しさです。 宇治市の名木百選にも数えられており、約8mの吹きぬけの現代風オープンテラスから、お茶を楽しみながら立派な姿を眺めることができます。 口コミ ピックアップ/ 藤吉本店に行きました。休日だったので混んでいましたが、割と回転が早かったです。ゼリーもとても美味しかったです。 (行った時期:2018年4月)抹茶パフェやゼリーが絶品です。 お土産の品揃えもよく、買い物も楽しいです。抹茶&ほうじ茶チョコレートもオススメです。 (行った時期:2018年4月)■中村藤吉本店 [住所]京都府宇治市宇治壱番10 「中村藤吉本店」の詳細はこちら丹後ジャージー牧場 ミルク工房 そら出典:じゃらん 観光ガイド 丹後ジャージー牧場 ミルク工房 そら 口コミ ピックアップ/ 京都旅行に行った時に、こちらのショップに立ち寄りました。濃厚なソフトクリームが、とてもおいしかったです。 (行った時期:2018年5月)ランチに石窯ピザを食べに立ちよりました。チーズの盛り合わせがとても美味しかったです。デザートのジェラートもおすすめです。 (行った時期:2018年4月)■丹後ジャージー牧場 ミルク工房 そら [住所]京都府京丹後市久美浜町神崎411 「丹後ジャージー牧場 ミルク工房 そら」の詳細はこちら清水寺出典:じゃらん 観光ガイド 清水寺西国三十三ヶ所めぐりの第16番札所。「清水の舞台」として知られる舞台造りの本堂は釘を使わず縦横に組まれた柱が見事です。 舞台の下方に音羽の滝、谷を隔てて安産祈願の子安の塔があり、桜や紅葉の名所でもあります。 口コミ ピックアップ/ 平成の大改修が行われている清水寺です。いつもとは違う姿ですが、この姿を見られるのはこの大改修をしている今だけだし、清水の舞台以外にも、見どころ(ご利益スポット)があるので楽しめると思います。 (行った時期:2018年4月)いつ行っても混んでいますが、いつ行っても眺めがいいです。 工事中のところもありましたが、桜が満開でとてもきれいでした。 (行った時期:2018年4月)■清水寺 [住所]京都府京都市東山区清水一丁目294 「清水寺」の詳細はこちら伏見稲荷大社出典:じゃらん 観光ガイド 伏見稲荷大社全国3万社ある稲荷神社の総本宮。重厚な社殿・摂末社が建ち並び、五穀豊穣、商売繁昌の神として庶民信仰を集めています。 本殿背後より奥社に通じる参道の数多くの朱塗りの鳥居は“千本鳥居”と呼ばれ有名です。 口コミ ピックアップ/ 千本鳥居の方に行くにつれて、空気が違いました! パワースポットっていうのが分かります! 結構上るので、スニーカーで行くのがいいと思います。 何度訪れても飽きませんね! (行った時期:2018年5月)立派な拝殿、千本鳥居、お山巡り、おもかる石があります。商売繁盛の神様で、きっとご利益もあって、まさにパワースポットです。 (行った時期:2018年3月)■伏見稲荷大社 [住所]京都府京都市伏見区深草藪之内町68 「伏見稲荷大社」の詳細はこちら元離宮二条城出典:じゃらん 観光ガイド 元離宮二条城 口コミ ピックアップ/ のんびりとくつろげました。お濠には鯉もいて心が和みます。庭園内は広々としていて気持ちよかったです。また、駅からも近くてとても便利なところにあります。 (行った時期:2018年5月)夜間公開をしている時期だったので普段は見られない夜桜や、プロジェクションマッピングを見ることができて大変よかったです! (行った時期:2018年3月)■元離宮二条城 [住所]京都府京都市中京区二条通堀川西入二条城町541 「元離宮二条城」の詳細はこちら鹿苑寺(金閣寺)出典:じゃらん 観光ガイド 鹿苑寺(金閣寺)お釈迦様の骨をまつった舎利殿の二層・三層が金箔を貼りめぐらしているところから金閣寺と呼ばれるが、正しくは「鹿苑寺」と言い、臨済宗相國寺派の禅寺です。 金閣を中心とした庭園・建築は極楽浄土をこの世にあらわしたと言われる。世界文化遺産に登録されている。 椿やアセビ、紅葉が美しい。西園寺公経の山荘を足利義満が別荘北山殿とした北山文化の中心です。 口コミ ピックアップ/ 京都に来たら 行ってみたいと思っていたので見れて本当に良かったです。何百年もの前に建てられた建造物が残っているって凄いなと思いました。また行ってみたい場所の一つです。 (行った時期:2018年4月25日)緩く春日で輝く金閣寺は心地良く癒やしパワーを貰えました。段差が多く歩行補助の必要な母に申し訳ないスポットですが子供達が協力してサポートしてくれ全部回る事が出来ました。子供は投げ銭や写経、金箔ソフトを楽しみました。 (行った時期:2018年3月26日)■鹿苑寺(金閣寺) [住所]京都府京都市北区金閣寺町1 「鹿苑寺(金閣寺)」の詳細はこちら渡月橋出典:じゃらん 観光ガイド 渡月橋嵐山というとまず頭に浮かぶのが渡月橋の風景であります。 平安の初期に亀山上皇が「くまなき月の渡るに似る」と感想を洩らしたことから「渡月橋」と呼ばれるようになりました。橋の長さは155m。 2001年3月に橋はリニューアルされ綺麗になりました。 また南にある嵐山は春の桜、秋の紅葉など景色が見事です。 口コミ ピックアップ/ 嵐山といえば渡月橋と言われるほどの嵐山のシンボルです。観光客が多くて渋滞していましたが、橋の上から見る景色も緑がいっぱいでキレイでした。 (行った時期:2018年4月)橋の上はかなり混雑しています。ですが風情があり、周りの山々とのコントラストが良いです。桜の季節だったのでそれも相まって綺麗でした。 (行った時期:2018年4月1日)■渡月橋 [住所]京都府京都市右京区 「渡月橋」の詳細はこちら八坂神社出典:じゃらん 観光ガイド 八坂神社厄除け・縁結びの神、祇園さんの呼び名で親しまれています。祇園祭は京都の代表的行事です。 師走の風物詩「をけら詣り」も有名な全国の祇園社の総本社です。 口コミ ピックアップ/ 京都に来たら必ず立ち寄りたい場所のひとつです。 桜の時期は屋台も多く出ていて、よりいっそう楽しめました。 (行った時期:2018年4月)桜が満開で綺麗でした。なかでも枝垂れ桜がとても立派で綺麗かったです。桜の季節には是非八阪神社に行かれることをオススメします。 (行った時期:2018年4月)■八坂神社 [住所]京都府京都市東山区祇園町北側625 「八坂神社」の詳細はこちら天橋立出典:じゃらん 観光ガイド 天橋立展望所から股のぞきで眺めると天へかかる橋のように見える絶景。 イナザギの命がイナザミの命のもとに、天から通うためにかけたという伝説が残る自然がつくり出した橋です。 約3.6kmの砂に約8000本もの松並木が続き、神秘的な美しさを持ちます。 天橋立の中には船が通るたびに90度回転する珍しい廻旋橋などがあり、絶景を眺めながらのんびり散策することができます。 口コミ ピックアップ/ まずは、ビューランドからの眺め、次はレンタサイクルで橋立内の松並木を通って移動して、傘松公園からの眺め。そして、傘松公園からモーターボートで知恩寺に戻る途中で海上横方からの眺め。すべてよかったです。 (行った時期:2018年5月)春休みの桜が咲く頃に行きました。 リフトに乗って遊園地に行きました。 景色がとてもキレイで写真をたくさん撮ってしまいました。 天橋立の駅もキレイで大きかったです。 今度はレンタサイクル借りて橋立をサイクリングしてみたいです。 (行った時期:2018年4月)■天橋立 [住所]京都府宮津市天橋立 「天橋立」の詳細はこちら南禅寺出典:じゃらん 観光ガイド 南禅寺 口コミ ピックアップ/ 四季を通して楽しめます。桜、青もみじ、紅葉ととても綺麗です。 三門、庭園、水路閣と見どころも満点です。 (行った時期:2018年5月)自由に散策することが出来るので、早朝がお勧め。レンガ造りの疎水橋の水路閣はsns映え間違いなしの場所。昼間はとにかく人が多いのでsns映えな写真を撮るなら絶対早朝がお勧めです。 (行った時期:2018年3月)■南禅寺 [住所]京都府京都市左京区南禅寺福地町 「南禅寺」の詳細はこちら京都駅ビル出典:じゃらん 観光ガイド 京都駅ビルファッション、おみやげ・名菓、レストラン、劇場、ホテルなどを取り揃えた地上16階、地下3階の大型駅ビルです。 ホテル・劇場のある東ゾーン、百貨店・専門店・グルメ等を擁する。その間の中央コンコースはガラスの大屋根で覆われた巨大アトリウムとなっています。 口コミ ピックアップ/ 京都駅に直結した大型商業施設で 駅舎としても近代的な建物で非常に綺麗ですね。ホテルや文化施設もあり利便性が非常に良いと思います。京都の有名なお土産も殆ど揃っているので いつも帰りに立ち寄っています。 (行った時期:2018年5月)竹を連想させる組柱や天井。 間から見える京都タワーと夜景がすごくよかった。 階段を使って、京都の四季を映し出していてきれいでした。早く咲いた嵯峨のの桜も映像で、見られました。 (行った時期:2018年4月)■京都駅ビル [住所]京都府京都市下京区東塩小路町 「京都駅ビル」の詳細はこちら平安神宮出典:じゃらん 観光ガイド 平安神宮1895年、平安遷都1100年を記念して創建された神社。24mの高さがあり、国の登録有形文化財になっている大鳥居が神宮道をまたぎます。 鮮やかな朱色と緑に塗りわけられた社殿は、朝堂院を模している。 広大な庭園には珍しい鳥類や、甲羅に草を生やすミノガメ、本州では珍しい南石亀などが生息しています。 口コミ ピックアップ/ 何回訪れても良い場所です。桜が終わって残念でした。広い境内、朱塗りの大きな建物は清々しいです。大鳥居から境内ですが、岡崎公園も散策には良いです。疏水沿いは、桜が咲いている頃は最高で、、私の好きなところです。 (行った時期:2018年4月)昨年は開花が遅く今年は開花が早かった桜…。 平安神宮神苑の紅しだれ桜は少し色褪せてはいましたが、まだまだ綺麗で見応えがありました。 風がおさまって栖鳳池が水鏡になり、泰平閣からの眺めが素敵でした。 (行った時期:2018年4月5日)■平安神宮 [住所]京都府京都市左京区岡崎西天王町97 「平安神宮」の詳細はこちら平等院出典:じゃらん 観光ガイド 平等院平安時代の後期、1052年に宇治関白藤原頼道(よりみち)が、父道長の別荘を寺院に改めたものです。 「鳳凰堂(ほうおうどう)」は、その翌年に阿弥陀堂として建てられ、仏師定朝(じょうちょう)の作になる阿弥陀如来坐像が安置されている中堂と、左右の翼廊、背面の尾廊で成り立っています。 大屋根には鳳凰が飾られ、内部は絢爛な宝相華文様や極彩色の扉絵で装飾されています。二重の天蓋や雲中供養菩薩像も必見です。 「鳳凰堂」の前には池を配した庭園(史跡・名勝)がありますが、創建当初は宇治川や、対岸の山並みを取り入れて、西方極楽浄土を現したものといわれ、各地の寺院造営に影響を与えました。 1994年に世界遺産に登録されました。 口コミ ピックアップ/ 平等院で一番有名な花は藤ですがツツジもキレイでした。 藤もツツジと花期がいっしょなので、こちらも見頃を迎えていて、たくさんの観光客がきていました。 花を見るなら今の季節が一番ですね。 (行った時期:2018年4月)初めて平等院に行ってきました。 もう、素晴らしい!の一言です。行って良かった! 今度は藤の花が咲く頃に行ってみたいです。 門をでて川沿いを歩くのも良かったですよ。 (行った時期:2018年4月2日)■平等院 [住所]京都府宇治市宇治蓮華116 「平等院」の詳細はこちら銀閣寺(慈照寺)出典:じゃらん 観光ガイド 銀閣寺(慈照寺)世界遺産に登録されている。足利義政の山荘として造営、没後寺となる。北山文化に対し東山文化の中心となりました。 銀閣(観音殿)と東求堂は国宝です。 口コミ ピックアップ/ 金閣寺の後に行くとガッカリするよ…と知人に言われていましたが、そんな心配は杞憂に終わりました。侘び寂びを感じられる素敵な場所です。池の裏の小山から見下ろす風景は気品があり、敷地内全体の計算され尽くした美しさを感じられます。 (行った時期:2018年5月)銀閣寺というお寺はありません。慈照寺というお寺に銀閣という建物があるのです。 そんなことはどうでもいいのですが、お花見シーズンは、銀閣寺道を歩いてみてください。 桜のトンネルが出迎えてくれますよ♪ (行った時期:2018年4月2日)■銀閣寺(慈照寺) [住所]京都府京都市左京区銀閣寺町2 「銀閣寺(慈照寺)」の詳細はこちら嵯峨野トロッコ列車出典:じゃらん 観光ガイド 嵯峨野トロッコ列車今は使われていない旧山陰本線の一部で、トロッコ嵯峨駅からトロッコ亀岡駅までを結びます。 春は優雅な桜、夏は涼感の川のせせらぎとセミ時雨、秋は絢爛の紅葉、冬は情緒な雪景色と保津川渓谷の四季おりおりの美しさが満喫できます。 口コミ ピックアップ/ 外国人観光客でいっぱいでした。 当日の予約は大変で、すぐ乗れなくて2本後に。 午前中よりも夕方の方がいいかもしれません。 景色は綺麗でのどかで楽しかったです。 桜が満開でした。 (行った時期:2018年4月)キレイな景色は歩いてのんびり見るのが好きなんですが、トロッコに乗ってみたくて片道乗りました。 すごくおすすめです! 桜の季節に行ったのですが、平日だったからか当日でもチケットが買えました。 景色がとても素敵です。 (行った時期:2018年3月)■嵯峨野トロッコ列車 [住所]京都府京都市右京区嵯峨天龍寺車道町 「嵯峨野トロッコ列車」の詳細はこちら京都タワー出典:じゃらん 観光ガイド 京都タワー京都の玄関口に佇む、海のない京都の町を照らす灯台をイメージして作られた「京都タワー」。 外から眺めるだけではなく、中で楽しむことができ、地上100メートルにある展望室からは市街地が360度見渡すことができます。 昼と夜で、また、季節で変わる眺望は必見! タワー内にはお腹と心を満たすレストラン、自分用にも嬉しいお土産が買える名店街、そして大浴場と、幅広い年齢層の方が様々に満喫できます。 展望室3階にあるスカイラウンジ「空」-KUU-では、ガラス張りのラウンジで京都の夜景を眺めながらのひとときを過ごすことも。大人の楽しみがここにはあります。 口コミ ピックアップ/ とてもきれいな京都タワーのイルミネーションが真正面に見える席で食事を取ることが出来ました。東京や大阪に比べて少し明かりを落とした京都の町並みに一際輝いて居ました。桜色の京都タワーがとてもきれいでした。 (行った時期:2018年5月)京都駅からすぐの京都のシンボルタワーです。 タワー下には、入場券売り場の階にお土産コーナーがあり、地下には屋台風の飲食店街が軒を連ねていました。 クラフトビールを楽しむバルから、回転寿司、ラーメン、中華料理店など多種多様で、いろいろつまみながら地下飲食店を楽しめました (行った時期:2018年4月)■京都タワー [住所]京都府京都市下京区東塩小路町721-1 「京都タワー」の詳細はこちら北野天満宮(天神さん)出典:じゃらん 観光ガイド 北野天満宮(天神さん)学問の神として知られる菅原道真公を祀っています。 全国天満宮の宗祀(本社)の神社。国宝の本殿・拝殿は桃山文化を代表する神社建築。境内には御土居の名残があり、史跡に指定されています。 毎月25日は縁日「天神さん」。 梅・紅葉の名所としても有名です。 口コミ ピックアップ/ もみじは紅葉時期の錦のもみじと思っていたが、 5月にもみじ苑で青もみじを見ると、錦織なす秋の紅葉とはまた違う 青々とした躍動感あるもみじが頭上いっぱいに広がり、その美しさに うっとりしました 新緑の時期も最高ですよ! (行った時期:2018年5月)この時期 京都で花の鑑賞は何かあるかと調べたところ、北野天満宮の梅が素晴らしいと聞き訪れました。嵐電にのり最寄り駅から徒歩で神社へ。入り口に大きな鳥居。境内も広い。学問の神 お願いしました。梅園は入場料が必要だが、お茶とお菓子がついている。食しながら梅を鑑賞しました。 (行った時期:2018年3月)■北野天満宮(天神さん) [住所]京都府京都市上京区馬喰町 「北野天満宮(天神さん)」の詳細はこちら京都水族館出典:じゃらん 観光ガイド 京都水族館 口コミ ピックアップ/ 明るく綺麗な水族館で清潔感があります!川の魚の生態がわかるのも工夫がこらしてあり、楽しめます!施設も広すぎないので小さなお子様連れの方もおすすめです。 (行った時期:2018年5月6日)週末は混んでいますが再入場可能なので子連れでも1日かけてのんびり回れます。水族館自体はこじんまりしていますが食べ物も美味しくイルカのショーを見ながら新幹線も見られるところはなかなかないかと思います。 (行った時期:2018年3月)■京都水族館 [住所]京都市下京区観喜寺町35-1 (梅小路公園内) 「京都水族館」の詳細はこちら東映太秦映画村出典:じゃらん 観光ガイド 東映太秦映画村太秦は、世界の映画の都ハリウッドにちなみ、日本のハリウッドと呼ばれてきた「日本映画のふるさと」ともいえる映画の町。 この地に、「映画の灯りを守ろう」と誕生したのが東映太秦映画村。映画をテーマにしたアミューズメントゾーンで、昔の街並みを再現した時代劇のオープンセットでは撮影が行なわれ、迫力満点の立ち回りが見られる。 特撮ヒーローキャラクターのショーや展示イベントなど、映画作りの舞台裏や映画の魅力を満喫できる。また、約30種の本格的な時代劇扮装が楽しめる「時代劇扮装の館」もあります。 「からくり忍者屋敷」、「東映アニメミュージアム」、「浮世絵美術館」、「史上最恐のお化け屋敷」、「おもしろ迷宮館」、「太秦トリックアート迷宮館」などがあります。 口コミ ピックアップ/ 昔は江戸時代のオープンセットと時代劇のショーというイメージでしたが、子どもが遊べるボールプールのエリア、トリックアートもあり、大人も子供も遊べました。 (行った時期:2018年5月)京都にある太秦映画村です 中に入るとそこは江戸時代の町並みがあります 貸衣装もあるので着て回るのも楽しいですよ (行った時期:2018年5月11日)■東映太秦映画村 [住所]京都府京都市右京区太秦蜂岡町10 「東映太秦映画村」の詳細はこちら京都御所出典:じゃらん 観光ガイド 京都御所京都御所は、その古来の内裏の形態を今日に保存している由緒あるもので、現在のものは政2年(1855年)の造営です。 紫宸殿を始めとし、清涼殿、小御所、御学問所、御常御殿など平安時代以降の建築様式の移りかわりをつぶさに見ることができます。 口コミ ピックアップ/ さすがの庭園内、とてもきれいでした。見るところが満載でとても満足です。お手洗いもきれいに完備されております。また、木陰でのんびり休憩したり、お弁当をもって言って食べれるようテーブルもベンチもあり便利です。 (行った時期:2018年4月)御苑から延々歩いて御所に着き、手荷物チェックの後、御所内の散策。 左近の桜もキレイに咲いていて、よかったです。 お庭から、比叡山が見えるんですね。 (行った時期:2018年4月)■京都御所 [住所]京都府京都市上京区京都御苑3 「京都御所」の詳細はこちら長岡天満宮(八条ヶ池)のキリシマツツジ出典:じゃらん 観光ガイド 長岡天満宮(八条ヶ池)のキリシマツツジ約60mに渡り植えられているキリシマツツジは、約100株あります。樹高が2.5mを超え、樹齢約150年と推定され、市の天然記念物になっています。 毎年、4月下旬に濃紅の花を咲かすこの貴重なキリシマツツジを保全するため、平成5年、中堤が拡幅され両側に通路が新設されました。 この中堤と北池の中ノ島を結ぶ総桧造りの水上橋を含む一帯は、「八条ヶ池ふれあい回遊のみち」と名付けられています。 口コミ ピックアップ/ 一面に咲き誇るツツジの朱色が素晴らしいですね。絶景といっても差し支えないです。春に見ごろを迎えるのでおすすめです。 (行った時期:2018年5月)4月末に真紅の花を咲かせる。樹齢は130年前後と推定され「八条ケ池ふれあい回遊のみち」と名付けられ、多くの人々に親しまれている。 (行った時期:2018年6月)■長岡天満宮(八条ヶ池)のキリシマツツジ [住所]京都府長岡京市天神二丁目地内 「長岡天満宮(八条ヶ池)のキリシマツツジ」の詳細はこちら※この記事は2020年1月時点での情報です ※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください 

WEBで続きを読む
アプリダウンロード
おでかけコンシェル ダウンロード
おでかけコンシェル ダウンロード
提供:じゃらんニュース

この記事で紹介しているスポット

関連記事

おでかけコンシェル アプリイメージ
アルパインのおでかけアプリ「おでかけコンシェル」 アプリなら、カーナビにかんたん転送! おでかけを提案する記事やイベント情報、現在地周辺情報など、おでかけサポートが充実!
気になるスポットは保存したり、アルパインのカーナビへ転送することができます。
週末のおでかけのプランニングにお役立てください♪
App Storeでアプリをダウンロード Google Playでアプリをダウンロード QRコード
ALPINE
©ALPINE ELECTRONICS, INC./ALPINE ELECTRONICS MARKETING, INC. ALL RIGHTS RESERVED.