おでかけコンシェル

【京都観光モデルコース】定番おすすめスポットを楽しめる厳選9プランを紹介!

2020/01/16

京都観光のモデルコースを紹介。清水寺や金閣寺、宇治の平等院など京都は観光名所があちこちにあるので、全て周るのは大変…。今回は、京都観光の定番を押さえたエリアごとの9つのモデルコースを考えてみました! 「1日コース」「半日コース」「3時間コース」の目安所要時間もいれているので、こちらも参考にしてくださいね。記事配信:じゃらんニュース目次「清水寺」をめぐる王道コース【1日】 「平安神宮」で歴史を感じるコース【1日】 自然を味わう「嵐山」コース【1日】 「伏見稲荷大社」で写真映えコース【半日】 「金閣寺」の豪華さに感動コース【半日】 「宇治」で世界遺産とお茶コース【半日】 京の奥座敷「貴船」周辺観光コース【半日】 京都駅近の名所めぐり時短コース【3時間】 京都らしい朝食でのんびりコース【3時間】世界遺産「清水寺」をめぐる王道コース【1日】まずは京都旅行に欠かせない定番スポット「清水寺」を軸にしたコース。【モデルコース】 清水寺 ↓(徒歩約15分) 金剛寺(八坂庚申堂) ↓(徒歩約20分) 安井金毘羅宮 ↓(徒歩約3分) 建仁寺 ↓(徒歩約10分) 八坂神社 ↓(徒歩約2分) 祇園【世界遺産】清水寺春夏秋冬楽しめる美しい景色が魅力。夜のライトアップも出典:じゃらん 観光ガイド清水寺※2019年12月現在、本堂の檜皮屋根の葺き替え工事中です。終了予定2020年3月世界遺産にも登録され、京都に旅行に行く多くの人が訪れる「清水寺」。 有名な清水の舞台、高さ約31メートルの三重塔、見どころ多数の本堂と、重要な文化財が多数見られるので、まだ行ったことが無い人にはぜひ訪れてもらいたいスポットです。また、春の桜、夏の緑、秋の紅葉、冬の雪と、四季折々の景色で迎えてくれるのも魅力。 特にオススメは、ライトアップが行われ、通常では閉門となる18時以降も過ごすことができる夜間特別拝観(春・夏・秋の限られた期間に開催)。さらに息をのむような美しい絶景を楽しむことができます。出典:じゃらん 観光ガイド清水寺■清水寺 [住所]京都府京都市東山区清水1丁目294 [拝観時間]開門6時~ ※閉門時間は時期により異なります。夜間特別拝観がある時期も [アクセス]JR「京都駅」から市営バス「五条坂」下車、徒歩約10分 「清水寺」の詳細はこちら 「清水寺」の口コミ・周辺情報はこちら清水寺で貴重な文化財に触れた後は、カラフルな“くくり猿”で知られる「金剛寺(八坂庚申堂)」や厄除けで有名な「安井金毘羅宮」、歴史の深い「建仁寺」を経由して、祇園方面を目指しましょう。八坂神社「美の神様」も祀られているパワースポット京都の人たちから「祇園さん」と呼ばれ親しまれる八坂神社は、全国にある八坂神社約2300社の総本社。京都を代表するお祭り「祇園祭」は八坂神社の祭礼であることも有名です。まずは重要文化財のご本殿や西楼門を見て周りましょう。どちらもスケール感のある建物なので、写真の撮影にもおすすめです。そして、ぜひ寄りたいのが、美の神様を祀っている「美御前(うつくしごぜん)社」。美容にご利益があるといわれ、全国から多くの女性が参拝に訪れているほど!■八坂神社 [住所]京都府東山区祇園町北側625番地 [参拝時間]24時間参拝自由 [アクセス]京阪「祇園四条駅」から徒歩で約5分、JR「京都駅」からバス乗り換え、「祇園」下車すぐ [駐車場]あり 「八坂神社」の詳細はこちら 「八坂神社」の口コミ・周辺情報はこちら夜は、古都の魅力が残る祇園の街並みを散策しながら、京都らしいおばんざいを堪能♪ おすすめのお店は「おかずや いしかわ」です。おかずや いしかわ風情ある隠れ家の「おばんざい」でホッと寛ぐ時間をおばんざいとは、京都の日常で食べるお惣菜のこと。上品な味わいでヘルシーなメニューが多いのが特長で、京都に来たからには外せないグルメです。「おかずや いしかわ」は、細い道の奥に佇む隠れ家のような料理店。写真の「九条葱とイカのてっぱえ」(650円)のように、京都産にこだわった食材をおばんざいに仕上げて提供してくれます。 白いご飯にもお酒にもよくあうメニューが100種類ほど揃っているとのこと。店内は、実家に帰ってきたかのような気持ちになれる、どこか懐かしい雰囲気。京都観光をした一日の締めくくりにはぴったりです。■おかずや いしかわ [住所]京都府京都市下京区高倉通四条下ル高材木町221-2 [営業時間]17時30分~22時(LO) [定休日]不定休 [アクセス]阪急電鉄「烏丸駅」から徒歩1分 [駐車場]なし 「おかずや いしかわ」の詳細はこちら「平安神宮」を軸に歴史を感じるコース【1日】京都の歴史を感じられる「平安神宮」を中心とした丸1日たっぷりコースです。【モデルコース】 平安神宮 ↓(徒歩約5分) 京うどん 生蕎麦 おかきた ↓(バスと徒歩で約20分) 銀閣寺 ↓(徒歩約3分) 哲学の道 ↓(バスと徒歩で約20分) 南禅寺 ↓(徒歩約10分) 蹴上インクライン平安神宮雅やかな社殿から、1200年前の「平安京」を感じて平安時代、都の中心で政庁(政治をつかさどる中央官庁)だった「朝堂院」を再現した社殿が一番の見どころ。平安京の煌びやかな時代にタイムスリップしたかのような、京都の歴史に思いをはせることのできるスポットです。四季折々に風光明媚な趣を見せる「平安神宮神苑」も必見。明治時代の代表的な日本庭園で豊かな自然に触れてください。毎年10月22日に行われる時代祭をはじめ、季節によってさまざまな行事が開催されるので、事前に確認しておきたいところ。■平安神宮 [参拝料金]【神苑】大人600円、小人300円 [住所]京都府京都市左京区岡崎西天王町97 [参拝時間]時期により異なる。事前にHPの確認を [アクセス]【電車】JR「京都駅」からバス乗り換え「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車徒歩5分、【車】名神高速道路「京都東IC」から約20分 [駐車場]あり 「平安神宮」の詳細はこちら 「平安神宮」の口コミ・周辺情報はこちら平安神宮の次は銀閣寺…の前に、京うどんの名店でお昼にしましょう。京うどん 生蕎麦 おかきたゆがきたての自家製麺と“ほんまもん”の素材にこだわりランチにおすすめのうどん・蕎麦店。麺は自家製で、注文を受けてからゆがくので常に出来たてを味わうことができます。写真は「きつねうどん」(850円)。京うどんの命ともいえる「出汁」は、天然の利尻昆布のみを使用し、風味豊か。京野菜の九条ネギに地元豆腐店のおあげさんと、素材選びにもこだわった逸品です。京都の町家を改装した和モダンな空間は、職人の技が光る唐紙のインテリアなどが美しいデザイン。ゆっくりと、観光スポット巡りで疲れた体を癒してください。■京うどん 生蕎麦 おかきた [住所]京都府京都市左京区岡崎南御所町34 [営業時間]11時~18時(LO) [定休日]火・水曜 [アクセス]市バス「動物園前」バス停から徒歩2分 [駐車場]なし※近隣にパーキングあり 「京うどん 生蕎麦 おかきた」の詳細はこちら美味しいうどんをいただいたら、次は枯山水の庭園が見事な「銀閣寺」、そして散策スポットとしても有名な「哲学の道」を経て南禅寺へ。南禅寺高さ約22mの三門から眺める絶景は大迫力出典:じゃらん 観光ガイド南禅寺「絶景かな、絶景かな」有名な大盗賊・石川五右衛門の名セリフを聞いたことがある人も多いと思います。このセリフは、南禅寺の「三門」楼上から発せられたそう。高さ約22mからの景色は、あなたも思わず「絶景かな」と言いたくなるほど見事なものです。もうひとつ、下写真の「水路閣」も見逃せないスポット。もともとは琵琶湖から京都市内へ引水するための水路でした。そのレトロな佇まいが禅寺である南禅寺の趣と調和した、絶好のフォトスポット!出典:じゃらん 観光ガイド南禅寺■南禅寺 [参拝料金]【方丈庭園、三門】一般各500円、高校生各400円、小中学生各300円、【南禅院】一般300円、高校生250円、小中学生150円 [住所]京都府京都市左京区南禅寺福地町 [参拝時間]【12月1日~2月末】8時40分~16時30分※12月28日~31日は一般の拝観不可、【3月1日~11月30日】8時40分~17時 [アクセス]地下鉄東西線「蹴上駅」から徒歩10分 [駐車場]あり 「南禅寺」の詳細はこちら 「南禅寺」の口コミ・周辺情報はこちら最後は、特に桜の時期に美しい風景を見せてくれる「蹴上インクライン」で締めくくり!京都の美しい自然を堪能する「嵐山」コース【1日】嵯峨野トロッコ列車に乗って嵐山の自然を感じる1日コースです。【モデルコース】 トロッコ亀岡駅 ↓(嵯峨野トロッコ列車で23分) トロッコ嵐山駅 ↓(徒歩約4分) 常寂光寺 ↓(徒歩約7分) 竹林の小径 ↓(徒歩約5分) 天龍寺 ↓(徒歩約8分) 渡月橋嵯峨野トロッコ列車トロッコに揺られながら、京都の美しい四季を感じて京都は美しい自然が多いことでも有名ですが、特に嵐山は「風光明媚」と呼ぶにふさわしい、四季の美景を見せてくれるエリアです。春は桜、夏は新緑、秋は紅葉、そして冬は時には雪景色…どの季節にいっても、それぞれの楽しみ方ができます。そんな嵐山の自然を列車に乗りながら堪能できるのが、この「嵯峨野トロッコ列車」!始点から終点まで25分ほどなので、のんびり景色を楽しみながら乗車するのもいいし、途中下車して周辺の観光スポットを周っても◎。■嵯峨野トロッコ列車 【トロッコ亀岡駅】 [料金]大人630円、小人320円(片道の料金) [住所]京都府亀岡市篠町山本地 [営業時間]8時50分~最終列車まで※最終列車は日によって異なるのでHPにて確認を [定休日]水曜日(祝日・春休み・GW・8月・紅葉の時期は運行)、12月30日~2月末日は休業 [アクセス]【電車】JR山陰本線(嵯峨野線)「馬堀駅」から徒歩10分、【車】京都縦貫道「篠IC」から車で6分 [駐車場]有(有料) 「嵯峨野トロッコ列車」の詳細はこちら 「嵯峨野トロッコ列車」の口コミ・周辺情報はこちらトロッコ嵐山駅周辺に、このエリアの有名観光スポットは集まっています。紅葉の名所「常寂光寺」~和の趣たっぷりな「竹林の小径」~世界遺産「天龍寺」~嵐山のシンボル「渡月橋」の順で周るとスムーズです。次は組み合わせても楽しい「半日コース」を紹介! 華やかな「伏見稲荷大社」中心の写真映えコース【半日】伏見稲荷大社はじめ、京都を代表する建築や文化財をたくさん見て周ることができるコースです。【モデルコース】 伏見稲荷大社 ↓(徒歩約11分) 東福寺 ↓(徒歩約16分) 三十三間堂 ↓(徒歩約1分) 京都国立博物館伏見稲荷大社参道全体に並ぶ「千本鳥居」は必見!伏見稲荷大社は、全国30000社あるといわれる稲荷神社の総本宮で、「おいなりさん」と親しまれています。その最大の見どころは、美しい朱塗りがひときわ目をひく「千本鳥居」でしょう。朱(アケ)という言葉は、「明るい、希望のある」という語感から生命や生産を連想し、長きに渡って庶民の信仰のよりどころであった「おいなりさん」を象徴しています。写真の楼門は、神社の楼門としては有数の規模を誇り、国の重要文化財にも指定されています。あの豊臣秀吉による造営と伝えられている建物です。■伏見稲荷大社 [住所]京都府京都市伏見区深草薮之内町68番地 [参拝時間]閉門なし(授与所は7時~18時) [アクセス]【電車】JR奈良線「稲荷駅」から徒歩すぐ、京阪本線「伏見稲荷駅」から徒歩5分、【車】名神高速道路「京都南IC」から約20分、阪神高速道路「上鳥羽出口」から約10分 [駐車場]あり※12月30日~1月5日は閉鎖 「伏見稲荷大社」の詳細はこちら 「伏見稲荷大社」の口コミ・周辺情報はこちら東福寺約24万平方メートルの広大な敷地に圧巻の渓谷京都の禅寺の中では最も大きな敷地面積を有し、「通天橋」(上写真)から見下ろす渓谷は一度は見ておきたい景勝。どの季節も見事ですが、特に紅葉の時期の景色がおすすめです。さまざまな様式を組み合わせた建造方式が特長の「三門」(下写真)など、国宝や重要文化財が数多く残っているのも見どころです。時間があれば、東西南北にそれぞれ異なる意匠の庭が配された「東福寺本坊庭園」でのんびりと過ごすのも◎。■東福寺 [参拝料金]【通天橋・開山堂】大人400円(2020年4月1日より600円、11月10日~30日のみ1000円)、小中学生300円、【国指定名勝 東福寺本坊庭園】大人400円(2020年4月1日より500円)、小中学生300円 [住所]京都府京都市東山区本町15丁目778 [参拝時間]【4月~10月末】9時~16時(16時30分閉門)、【11月~12月初旬】8時30分~16時(16時30分閉門)、【12月初旬~3月末】9時~15時30分(16時閉門) [アクセス]【電車】JR奈良線・京阪本線「東福寺」駅から徒歩10分、【車】名神高速「京都南IC」から約4km [駐車場]あり 「東福寺」の詳細はこちら 「東福寺」の口コミ・周辺情報はこちらこの後は1001体の「千手観音像」が圧巻の三十三間堂、そして建物自体も重要文化財として知られる京都国立博物館を押さえておきましょう!豪華絢爛!「金閣寺」に心奪われるコース【半日】次は、こちらも定番中の定番「金閣寺」を軸にした観光モデルコース!【モデルコース】 金閣寺 ↓(徒歩約20分) 龍安寺 ↓(徒歩約20分) 北野天満宮 ↓(バスと徒歩で約30分) 上賀茂神社【世界遺産】金閣寺(鹿苑寺)池に映し出される姿も美しい…黄金色に光り輝く金閣京都を代表する観光スポット「金閣寺」。正式名称は「鹿苑寺(ろくおんじ)」ですが、内装・外装ともに金箔で覆われている金閣が有名なことから「金閣寺」と呼ばれています。見どころはやはり舎利殿「金閣」。金閣寺のシンボルとも言える建物で、何度訪れても黄金色に光り輝く姿には圧倒されます。太陽の光に照らされる午前中は、特に美しく輝くといわれているのでオススメ!舎利殿の前に広がる鏡湖池に映し出される様子もまた美しく、「逆さ金閣」と呼ばれることも。鏡湖池を含む庭園には、島を表現した大小さまざまな石や松の木が配置されており、日本の和を感じることができます。参拝料を納める際、入場券としてお札をいただけるというのも珍しく、ありがたく記念に持ち帰りましょう。■金閣寺(鹿苑寺) [参拝料]【大人(高校生以上)】400円、【小・中学生】300円 [住所]京都府京都市北区金閣寺町1 [参拝時間] 9時~17時(年中無休) [アクセス]JR「京都駅」から市営バス「金閣寺道」下車、徒歩約3分 [駐車場]あり(250台) 「金閣寺(鹿苑寺)」の詳細はこちら 「金閣寺(鹿苑寺)」の口コミ・周辺情報はこちら【世界遺産】龍安寺15個の石が配された石庭の“謎”に注目龍安寺といえば、75坪ほどの広さに苔と15個の石だけという簡素な造りながら、知れば知るほどその奥深さに感動する「石庭」が有名です。誰が作ったのか確たる証拠の無い「刻印の謎」、視覚的錯覚を利用した設計をされたといわれる「遠近の謎」など、様々な謎があり、それに思いを巡らせながら石庭を眺めるとどこか不思議な気持ちに。石庭の他にも、四季折々の草花が見事な「鏡容池」も見どころ。「おしどり夫婦」の語源となった“おしどり”が多く生息していたことから、以前は「おしどり池」と呼ばれていたそうで、縁起のいいスポットなのでおすすめです。■龍安寺 [参拝料金]【大人・高校生】500円、【小・中学生】300円 [住所]京都府京都市右京区龍安寺御陵下町13 [参拝時間]【3月1日~11月30日】8時~17時、【12月1日~2月末日】8時30分~16時30分 [アクセス]京福電鉄「龍安寺駅」から徒歩7分 [駐車場]あり 「龍安寺」の詳細はこちら 「龍安寺」の口コミ・周辺情報はこちら金閣寺~龍安寺で京都の美景に感動した後は、受験生が合格祈願で訪れることで名高い「北野天満宮」~世界遺産の「上賀茂神社」へ。「宇治」で世界遺産とお茶を楽しむコース【半日】宇治といえば、世界遺産の平等院、そして「お茶」が有名です。どちらも楽しむ贅沢プランを立ててみました。【モデルコース】 平等院 ↓(徒歩約13分) 辻利兵衞本店 京都宇治本店 ↓(電車と徒歩で約10分) 萬福寺 ↓(電車と徒歩で約15分) 御香宮神社【世界遺産】平等院10円玉のデザインで有名な「平等院鳳凰堂」は必見!提供:平等院平等院に到着したら、まずは10円玉に描かれている「鳳凰堂」(上写真)へ。華やかな外観は、池の水面にもその美しい姿を見せてくれます。次は多数の国宝・文化財を収蔵している「ミュージアム鳳翔館」(下写真)に向かいましょう。2001年に開館された新しいミュージアムで、自然光を取り入れた照明など、空間デザインにも工夫が見られるスポットです。最後は「茶房 藤花」へ。平等院オリジナルブレンドの茶葉を使ったお抹茶・お煎茶・玉露を堪能することができます。提供:平等院■平等院 [参拝料金]【庭園+等院ミュージアム鳳翔館】大人600円、中高生400円、小学生300円、【鳳凰堂内部拝観】別途300円 [住所]京都府宇治市宇治蓮華116 [参拝時間]【庭園】8時30分~17時30分(受付終了17時15分)、【ミュージアム鳳翔館】9時~17時(受付終了16時45分)、【鳳凰堂内部拝観】9時30分~16時10分(20分毎、各回40名定員。受付時間9時~先着順により無くなり次第終了) [定休日]茶房 藤花のみ火曜定休(祝日の場合は営業) [アクセス]JR奈良線「宇治駅」から徒歩10分 [駐車場]なし※近隣にコインパーキング等あり 「平等院」の詳細はこちら 「平等院」の口コミ・周辺情報はこちら辻利兵衞本店 京都宇治本店濃厚な味わい!抹茶を贅沢に使った「宇治抹茶ぱふぇ」京都らしさを感じるスイーツを楽しみたいなら、こちらのお店。創設者が、現在飲まれている「玉露」を作ったといわれており、お茶で有名な京都・宇治の中でも歴史深い老舗です。写真の「宇治抹茶ぱふぇ〈宇治譽れ〉」(1760円)は、隣接する工場の石臼で挽いた挽きたて抹茶をたっぷり使用したお濃茶仕様です。一番おいしい状態で提供したいという想いから、商品は全て注文を受けて作るというこだわりも。築100年程の茶工場を改装した店内には、お庭を見渡せるお花見席もあり。四季のうつろいを感じながら宇治茶の魅力を存分に味わってください。製茶問屋だからこそ提供・販売できる茶や抹茶は、お土産にもぴったり。■辻利兵衞本店 京都宇治本店 [住所]京都府宇治市宇治若森41 [営業時間]10時~18時(LO17時) [定休日]火曜(祝日除く) [アクセス] JR「宇治駅」北口から徒歩5分 [駐車場]あり 「辻利兵衞本店 京都宇治本店」の詳細はこちら京都らしいスイーツを堪能したら、日本と中国の文化が入り混じった萬福寺、安産守護の神社として有名な御香宮神社も見に行ってみましょう。京の奥座敷「貴船」周辺観光コース【半日】京都駅から少し離れますが、実は美しい景観やパワースポットなど見どころたくさんのこのエリアもおすすめです!【モデルコース】 貴船神社 ↓(ハイキングコースで1~2時間ほど、またはバス・電車・ケーブル乗継で1時間弱) 鞍馬寺 ↓(バス・電車乗継で1時間強) 瑠璃光院貴船神社水の神様に心洗われるお社。縁結びの神様も全国に約500社ほどある貴船神社の総本宮。水の神様が祀られており、境内に流れる清水を持ち帰る人も多いです。また、縁結びの神様が祀られた上写真「結社(ゆいのやしろ)」は多くの女性が訪れる場所。恋愛はもちろん、人と人とのさまざまな縁にご利益があるそうです。1月~2月に数日、適度な積雪がある日限定の「貴船神社ライトアップ」は、冬の京都を語る上で欠かせないほど絵になる風景。観光の日程がうまく合えばぜひ訪れたいところです。開催決定は当日にされるので、事前にHPやSNSのチェックを。■貴船神社 [住所] 京都府京都市左京区鞍馬貴船町180 [参拝時間]【12月1日~4月30日】6時~18時、【5月1日~11月30日】6時~20時 [アクセス]叡山電車「貴船口駅」から京都バス乗車、「貴船停留所」下車徒歩5分 [駐車場]あり 「貴船神社」の詳細はこちら 「貴船神社」の口コミ・周辺情報はこちら鞍馬寺京都有数のパワースポット!自然のエネルギーを感じて『枕草子』に綴られたこともあり、牛若丸(幼いころの源義経)が「天狗」から修行を受けた伝説が残っていたり、さらには650万年前にこの地に「魔王尊」が降臨したことでエネルギーが集まる場所となったという説もあるなど、さまざまな逸話・伝説を持つ鞍馬寺。京都どころか全国的に見ても有名なパワースポットで、特にそのパワーが集まっているといわれているのが、本殿の手前にある前庭「金剛床」です。ここにある宇宙のエネルギーが広がる「星曼荼羅(ほしまんだら)」の模様の中で祈りを捧げると、願い事が叶うといわれています。本殿までは最寄りの「鞍馬駅」から徒歩で30分ほどかかりますが、元気があれば参道を歩きながら向かってみましょう。「放生池」「魔王の滝」といった、自然を感じられる道が続くのでおすすめです。■鞍馬寺 [参拝料金]愛山費として300円(霊宝殿は入館料200円) [住所]京都府京都市左京区鞍馬本町1074番地 [参拝時間]9時~16時30分(無休)※霊宝殿は9時~16時(月曜休み※祝日の場合は翌日、12月12日~2月末休み) [アクセス]叡山電鉄「鞍馬駅」から山門まで徒歩3分、本殿まで徒歩30分 [駐車場]なし 「鞍馬寺」の詳細はこちら 「鞍馬寺」の口コミ・周辺情報はこちらこのエリアなら、心やすらぐひとときを過ごせる「瑠璃光院」もおすすめです。次は手軽に京都を楽しむ「3時間コース」を紹介! 京都駅周辺の名所を押さえた時短コース【3時間】仕事で来たとき、少し時間が空いちゃった…そんなときにおすすめの、京都駅近観光モデルコース。【モデルコース】 東寺 ↓(徒歩約15分) 西本願寺 ↓(徒歩約7分) 東本願寺 ↓(徒歩約12分) 京都タワー【世界遺産】東寺まず見に行きたい!京都のシンボル「五重塔」出典:じゃらん 観光ガイド東寺新幹線で京都観光に行くなら、スタートは京都駅となる人がほとんどのはず。その京都駅から徒歩15分、気軽に訪れることができるのが「東寺」です。見どころはもちろん「五重塔」。883年に建てられて以来4度も焼失していますが、そのたびに再建された、京都のシンボルともいえる建物です。高さは圧巻の55mとあって、季節ごとの風景と溶けあうさまはぜひ写真に収めてほしいところ!春と秋には特別拝観として夜のライトアップもされるので、注目です。出典:じゃらん 観光ガイド東寺■東寺 [拝観料金]金堂・講堂拝観大人500円、高校生400円、小・中学生300円 [住所]京都府京都市南区九条町1番地 [拝観時間]【金堂、講堂】8時~17時(16時30分受付終了)※2020年3月29日~4月5日は8時30分~、【観智院】9時~17時(16時30分受付終了) [アクセス]JR「京都駅」から徒歩15分、近鉄電車「東寺駅」から徒歩10分 [駐車場]あり(毎月21日は駐車不可) 「東寺」の詳細はこちら 「東寺」の口コミ・周辺情報はこちらこの後も全て徒歩で移動可能。世界遺産・西本願寺の名建築を楽しんだら、世界でも有数の木造建築を有する東本願寺へ。最後に京都タワーで素敵な景色を眺めましょう。京都タワーは京都駅前なので、この後移動があってもギリギリまで観光を楽しめるのもいいところです。京都らしい朝食でのんびりコース【3時間】最後に紹介するコースは、例えば泊りの京都旅行の最終日、新幹線までそんなに時間無いけどさくっと楽しみたい!そんな人におすすめです。【モデルコース】 イノダコーヒ本店 ↓(バスと徒歩で約25分) 下鴨神社イノダコーヒ本店長い歴史を持つ名店自慢の「京の朝食」からはじまる京都観光を自社工場で焙煎する、創業当時から変わらないオリジナルブレンドが多くの京都民に愛され続けている「イノダコーヒ」(ちなみに、「コーヒー」ではなく「コーヒ」が正式名称です)。このお店でぜひ食べてもらいたいのが、ホテルのモーニングを思わせるような「京の朝食」(上写真、1480円)です。味わい深い本格ボンレスハム、新鮮な野菜サラダ、ふわふわした口あたりのスクランブルエッグにバター香しいクロワッサン…優雅な彩りと美味を堪能してください。洋館風のレトロな空間も魅力です。■イノダコーヒ本店 [住所]京都府京都市中京区堺町通三条下ル道祐町140 [営業時間]7時~19時 [定休日]なし [アクセス]京都市営地下鉄烏丸線・東西線「御池烏丸駅」から徒歩10分 [駐車場]提携あり 「イノダコーヒ本店」の詳細はこちら美味しいモーニングを楽しんだ後、世界遺産・下鴨神社の自然溢れる参詣道を心静かに歩いて、本殿をお参りしたら終了!※この記事は2020年1月時点での情報です ※掲載の価格は全て税込価格です ※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください■消費税の税率変更に伴うお知らせ 2019年10月以降に係るお支払につきましては、施設利用時に現地にて税率変更による差額分のお支払いが発生する場合がございます。実際のお支払い金額に関しましては、ご利用いただく施設までお問い合わせください。 

WEBで続きを読む
アプリダウンロード
おでかけコンシェル ダウンロード
おでかけコンシェル ダウンロード
提供:じゃらんニュース

この記事で紹介しているスポット

関連記事

おでかけコンシェル アプリイメージ
アルパインのおでかけアプリ「おでかけコンシェル」 アプリなら、カーナビにかんたん転送! おでかけを提案する記事やイベント情報、現在地周辺情報など、おでかけサポートが充実!
気になるスポットは保存したり、アルパインのカーナビへ転送することができます。
週末のおでかけのプランニングにお役立てください♪
App Storeでアプリをダウンロード Google Playでアプリをダウンロード QRコード
ALPINE
©ALPINE ELECTRONICS, INC./ALPINE ELECTRONICS MARKETING, INC. ALL RIGHTS RESERVED.