おでかけコンシェル

関東近郊の「雪見露天」が楽しめる日帰り温泉13選!湯船からの冬絶景に癒されよう

2020/01/15
温泉

冬の温泉といえば、雪見露天風呂!あたたかい湯の露天風呂につかりながら、雪絶景を楽しむのは最高に贅沢で、冬ならではの楽しさですね。 今回は、そんな雪見露天風呂を関東近郊エリアからご紹介します。どこも日帰りで入浴できる温泉ばかりを集めたので、気軽にお出かけを♪日帰りデートやドライブの最後に立ち寄るのもいいし、温泉目当てに家族や友達とお出かけするのもおすすめ。素敵な冬の思い出に加えてくださいね。記事配信:じゃらんニュースよもぎひら温泉和泉屋【新潟県長岡市】しんしんと降る雪で水墨画のような世界に。よもぎひらの山々を望む「風の湯」。星空を眺められる寝湯もある 内湯にミストサウナもある「月の湯」 豊かな自然と渓流に抱かれた山間の温泉。目を凝らせば野ウサギの足跡が見つかることも。山々を一望、岩盤浴併設、野趣あふれる岩造りと、趣の異なる3つの露天風呂を堪能できる。日帰り入浴データ [営業時間]11時~20時受付(利用は2時間程度まで) [定休日]不定(12月31日~1月4日は不可) [料金]中学生以上1100円、3歳~小学生600円■よもぎひら温泉和泉屋 [TEL]0258-23-2231 [住所]新潟県長岡市蓬平町甲1508-2 [アクセス]【電車】上越新幹線長岡駅より車で30分 【車】関越道長岡南越路スマートICより15分 [駐車場]70台 「よもぎひら温泉和泉屋」の詳細はこちら西の河原露天風呂【群馬県草津町】とにかく広い湯船から展望360度!抜群の開放感混浴の日イベントは、湯浴み着(レンタルは400円)または水着を着用 露天風呂は男女合わせて約500平方メートルという日本有数の広さ。湯船には、草津温泉の中でも一番湯量の多い万代温泉がたっぷりと注がれる。毎週金曜日の夜には、「混浴の日イベント」を開催(特定日を除く)。日帰り入浴施設なので、草津の宿と合わせて楽しみたい。日帰り入浴データ [営業時間]9時~20時(受付は~19時30分。4月1日~11月30日は7時~) [定休日]なし(メンテナンス休あり) [料金]中学生以上600円、3歳~小学生300円■西の河原露天風呂 [TEL]0279-88-6167 [住所]群馬県吾妻郡草津町大字草津521-3 [アクセス]【電車】JR長野原草津口駅より車で25分 【車】関越道渋川伊香保ICより1時間20分 [駐車場]300台(草津温泉スキー場天狗山第一駐車場を利用) 「西の河原露天風呂」の詳細はこちらあずまや高原ホテル【長野県上田市】標高1500m。天空の露天風呂から浅間山や広がる雲海を。遮るもののない絶景が広がる露天風呂 見渡す限りの山々と大自然に抱かれた山岳の宿。その名も「天空露天風呂」と名付けられた湯からは、広大な雲海や満天の星、運が良ければ暖を求めて訪れる天然カモシカの姿を見かけることも。日帰り入浴データ [営業時間]11時~18時(受付~16時。開始時間変更の場合もあり) [定休日]不定 [料金]中学生以上950円、3歳~小学生500円■あずまや高原ホテル [TEL]0268-74-3300 [住所]長野県上田市真田町長1278-800 [アクセス]【電車】北陸新幹線、しなの鉄道、長野電鉄上田駅より車で40分 【車】上信越道上田菅平ICより30分 [駐車場]80台 「あずまや高原ホテル」の詳細はこちら白馬姫川温泉 白馬ハイランドホテル【長野県白馬村】一面の銀世界。 3000m級の山々を望む特等席。長さ10mの湯船が広々と気持ちいい「わらび平の湯」 絶景の雪景色を堪能できる露天風呂は、宿泊者専用の「わらび平の湯」と、日帰り利用できる「天神の湯」の2カ所。どちらも北は栂池から南は五竜まで、信州ならではの大パノラマが圧巻。日帰り入浴データ(天神の湯) [営業時間]11時~20時(受付は~19時30分) [定休日]なし(メンテナンス休あり) [料金]中学生以上700円、3歳~小学生300円■白馬姫川温泉 白馬ハイランドホテル [TEL]0261-72-3450 [住所]長野県北安曇郡白馬村北城21582 [アクセス]【電車】JR白馬駅より車で3分 【車】長野道安曇野ICより1時間 [駐車場]100台 「白馬姫川温泉 白馬ハイランドホテル」の詳細はこちら源泉掛流しの湯めぐりテーマパーク 龍洞【群馬県みなかみ町】渓流と岩肌に積もる雪を愛でとことん湯めぐり。20人程度入れる最も大きな露天風呂「大瀧」 木の根川を間近に望む大露天風呂「川龍」 水上の秘境、渓流沿いに佇む宿には源泉100%かけ流しの18種の露天風呂が点在。そのうち15カ所が雪見露天となる。すべての風呂が貸し切りで利用できるので、周りを気にせず景色も温泉も楽しめるのがいい。日帰り入浴データ [営業時間]10時~19時30分(受付は~18時。混雑時は時間短縮あり) [定休日]不定(メンテナンス休あり) [料金]中学生以上2200円、小学生1100円、小学生未満550円■源泉掛流しの湯めぐりテーマパーク 龍洞 [TEL]0278-75-2086 [住所]群馬県利根郡みなかみ町藤原6192 [アクセス]【電車】JR上越線水上駅より車で35分 【車】関越道水上ICより40分 [駐車場]26台 「源泉掛流しの湯めぐりテーマパーク 龍洞」の詳細はこちら嵐渓荘【新潟県三条市】静かな山里で雪を見ながらちょっと一杯♪も楽しい。地元の五十嵐川の石で組んだ石湯。濃厚な強食塩冷鉱泉は日本屈指という 人気の露天で一杯セット(1.5合。1650円) 敷地の最も川上に位置し、絶景が楽しめる「石湯」と、130cmの深さがある「深湯」。日中は男女別だが、16時以降は宿泊者の貸切り利用となり、地酒片手に贅沢な雪見露天も楽しめる。日帰り入浴データ [営業時間]11時~15時 [定休日]不定(メンテナンス休等あり) [料金]中学生以上1000円、2歳~小学生700円■嵐渓荘 [TEL]0256-47-2211 [住所]新潟県三条市長野1450 [アクセス]【電車】上越新幹線燕三条駅より車で45分 【車】北陸道三条燕ICより45分 [駐車場]50台 「嵐渓荘」の詳細はこちら奥日光湯元温泉 奥日光小西ホテル【栃木県日光市】岩造りの浴槽で楽しむ、冬ならではの雪見風呂。露天風呂。このシーズンに訪れると雪見風呂が楽しめるかも 1230年、日光開山の祖・勝道上人が見つけた源泉。古くから旅人の疲れを癒やしたかけ流しのお風呂をじっくりと堪能しよう。男体山の岩石で作った露天風呂と乳白色のにごり湯が温泉情緒をかきたてる。日帰り入浴データ [営業時間]日帰り入浴7時~10時(最終入場9時)、13時~21時(最終入場20時) ※16時~18時は日によっては利用不可の場合あり [定休日]不定 [料金]日帰り入浴料大人1300円、子ども1000円(貸バスタオル・タオル付)、大人1000円、子ども800円(タオル持参の場合) ■奥日光湯元温泉 奥日光小西ホテル [TEL]0288-62-2416 [住所]栃木県日光市湯元2549-5 [アクセス]【電車】JR日光駅・東武日光駅より東武バス湯元温泉行き1時間20分、湯元温泉より徒歩5分 【車】日光宇都宮道路清滝ICより40分 [駐車場]30台 「奥日光湯元温泉 奥日光小西ホテル」の詳細はこちら星野温泉 トンボの湯【長野県軽井沢町】湯の花舞う温泉に包まれて雪景色に酔いしれるひと時。とろりと優しい肌触りの湯と雪化粧した森の眺めを思う存分! 1915年の開湯以来、文人をはじめ多くの人々に愛されてきた避暑地・軽井沢の名湯。源泉100%かけ流しの良質な湯を、檜が香る大浴場と花崗岩に囲まれた露天風呂で楽しめる。日帰り入浴データ [営業時間]10時~23時(最終受付22時) [定休日]なし(メンテナンス休館あり) [料金]入浴料大人1350円、3歳~小学生800円(年末年始など繁忙期は大人1550円、3歳~小学生1050円)■星野温泉 トンボの湯 [TEL]0267-44-3580 [住所]長野県北佐久郡軽井沢町星野 [アクセス]JR軽井沢駅より西武観光バス西武軽井沢営業所行き20分、星野温泉トンボの湯(バス停)より徒歩すぐ [駐車場]30台 「星野温泉 トンボの湯」の詳細はこちら源泉掛流しの湯めぐりテーマパーク 龍洞【群馬県みなかみ町】日帰りでも貸切風呂ざんまい。雪に埋もれる水上の秘境。お風呂エリアには各お風呂の木札があり、空いていればどこでも自由に入れる 熱い湯にキンと冷えた空気が気持ちいい。雪深い水上の冬を堪能しよう 水上の奥深き温泉天国。風流な渓流風呂や、やや薄暗い洞窟風呂、一度に20人は余裕で入れる大露天まで、18の貸切露天風呂を日帰りでも利用OK。しかもすべて源泉100%かけ流し。運が良ければ湯船からシカやサルなどの野生動物も見られる。日帰り入浴データ [営業時間]詳細はお問い合わせください [定休日]詳細はお問い合わせください [料金]2160円 フェイスタオルは料金込み バスタオルはレンタル200円■源泉掛流しの湯めぐりテーマパーク 龍洞 [TEL]0278-75-2086 [住所]群馬県利根郡みなかみ町藤原6192 [アクセス]関越道水上ICより40分 [駐車場]26台 「源泉掛流しの湯めぐりテーマパーク 龍洞」の詳細はこちら北温泉旅館【栃木県那須町】湯船をぐるり囲む白銀の世界。雪山の先にある時忘れの湯。駐車場から400mほど歩くので冬は難易度高めだが、その分達成感もある 水着で入る広い泳ぎ湯や、大きな天狗が飾られた湯など個性的な湯船が秘湯ファンに人気。渋いオブジェが置かれた館内も、まるで時が止まったかのようなたたずまい。決して設備の整った温泉ではないが、ひなびた雰囲気が好きなら一度は行く価値あり。日帰り入浴データ [営業時間]8時30分~17時30分(最終受付16時30分) [定休日]なし [料金]700円 フェイスタオル販売200円 バスタオル販売800円■北温泉旅館 [TEL]0287-76-2008 [住所]栃木県那須郡那須町大字湯本151 [アクセス]東北道那須ICより30分 [駐車場]30台 「北温泉旅館」の詳細はこちら白骨の名湯 泡の湯旅館【長野県松本市】これぞ冬露天の真骨頂。真っ白な雪と湯の幻想風景。本来は無色透明。空気に触れると温度や時間で微妙な色合いに変化する あつ湯とぬる湯が用意された内湯。ヒノキ造りの湯治場風情が味わえる 乳白色で肌あたりが優しい白骨温泉は、長野を代表する雪見の名湯。厳しい寒さの中、もうもうと湯けむりがたちのぼる温泉情緒は格別だ。大露天は混浴だが女性は専用の入り口が用意されており、タオル巻きもOKなのでビギナーも安心。日帰り入浴データ [営業時間]10時30分~13時30分 [定休日]木 ※外湯は土日祝のみ・営業時間は要問合せ [料金]本館820円 フェイスタオル販売100円 バスタオル販売700円■白骨の名湯 泡の湯旅館 [TEL]0263-93-2101 [住所]長野県松本市安曇4181 [アクセス]長野道松本ICより1時間5分 [駐車場]50台 「白骨の名湯 泡の湯旅館」の詳細はこちら秘湯の宿 元泉館【栃木県那須塩原市】日によって変わる湯の色を楽しむ冬の塩原のいで湯。赤川沿いの渓流露天。雪景色の中、さらさらと流れる川の音に耳を傾けて 飲泉所もあり。消化器系や便秘に良いといわれる。飲みすぎは注意 豊かな自然と名湯で知られる塩原温泉の秘湯。湯量豊富な3種の温泉を持ち、日によって白濁、緑、黒など、湯の色が異なるのが特徴だ。日帰りで利用できるのは箒川の上流、赤川沿いにある「高尾の湯」。湯上がりのお肌すべすべに期待。日帰り入浴データ [営業時間]8時~20時(最大2時間利用可) [定休日]不定(土日祝・繁忙期などは受付制限する場合あり) [料金]高尾の湯800円 フェイスタオル販売200円■秘湯の宿 元泉館 [TEL]0287-32-3155 [住所]栃木県那須塩原市湯本塩原101 [アクセス]東北道西那須野塩原ICより40分 [駐車場]50台 「秘湯の宿 元泉館」の詳細はこちら箱根湯の花プリンスホテル【神奈川県箱根町】箱根十七湯でもっとも高地に位置する乳白色の硫黄泉。にごり湯がさほど多くない箱根では希少な存在。ほどよい温度にするため、加水・加温 標高935mの場所にある箱根十七湯のひとつ「湯の花沢温泉」。昭和初期には硫黄の採集も行われていた歴史ある湯だ。敷地内の源泉から引くにごり湯は、冬には雪見露天になることも。ほのかな湯の香りと箱根の自然に癒やされよう。日帰り入浴データ [営業時間]13時~18時(土日は12時~)最終受付16時 [定休日]12月30日~1月4日、1月と2月の火・水 [料金]1800円 フェイスタオルおよびバスタオルの料金込み■箱根湯の花プリンスホテル [TEL]0460-83-5111 [住所]神奈川県足柄下郡箱根町芦之湯93 [アクセス]西湘バイパス箱根口ICより30分 [駐車場]42台 「箱根湯の花プリンスホテル」の詳細はこちら※この記事は2020年1月時点での情報です 

WEBで続きを読む
アプリダウンロード
おでかけコンシェル ダウンロード
おでかけコンシェル ダウンロード
提供:じゃらんニュース

この記事で紹介しているスポット

関連記事

おでかけコンシェル アプリイメージ
アルパインのおでかけアプリ「おでかけコンシェル」 アプリなら、カーナビにかんたん転送! おでかけを提案する記事やイベント情報、現在地周辺情報など、おでかけサポートが充実!
気になるスポットは保存したり、アルパインのカーナビへ転送することができます。
週末のおでかけのプランニングにお役立てください♪
App Storeでアプリをダウンロード Google Playでアプリをダウンロード QRコード
ALPINE
©ALPINE ELECTRONICS, INC./ALPINE ELECTRONICS MARKETING, INC. ALL RIGHTS RESERVED.