おでかけコンシェル

1万円以下の「日帰り温泉旅行」3選!交通費・ランチ込のコスパ最強プラン【東京発】

2020/02/13
温泉

みなさん、今週末の予定は決まりましたか?まだ予定が決まっていない方には、日帰り旅行がおすすめ。今回ご紹介するのは、1万円以下で行ける温泉日帰り旅行プランです!「え~、交通費で1万円でしょ?」と思ったそこのあなた!なんと、今回ご紹介するのは、交通費・ごはん代・入浴料など、全て含めて1万円以内のプランです。行き先は、じゃらんが毎年実施している「人気温泉地ランキング」の関東と甲信越エリア上位の温泉地「熱海温泉」、「箱根温泉」、「鬼怒川温泉」を選びました。1万円以内だけど満喫できる、素敵なプランをご紹介します。▼人気温泉地ランキングの記事はこちら 【2020】関東近郊の人気温泉地ランキングベスト30!もう一度行きたい温泉地はどこ?記事配信:じゃらんニュース熱海温泉【静岡県熱海市】熱海ブームが再到来中!熱海ブームに沸いた昭和の名残りがかえって新しいと、今再び黄金期を迎えている熱海!東京駅からは、JRの快速で往復3960円、約1時間半で行けちゃいます!熱海での移動手段は、大人700円の「湯~遊~バスフリーきっぷ」が便利。レトロ&クラシカルなスポットが多い一方で、トレンドをおさえた新名所も続々誕生中。都心から気軽に行けるので日帰り旅におすすめです♪アカオハーブ&ローズガーデン紺碧の海を借景にして12のガーデンが点在する花の楽園。入場料は大人1000円です。世界のバラ、ハーブ、桜や菜の花まで季節折々の花が咲き誇る園内には、所々に不思議なベンチやハンモックなど撮影映えするスポットがたくさんあります♪園内のバスで頂上まで登って撮影スポットで写真を撮った後は、ゆっくり海を眺めるも良し!園内の花を見て回るのもよし。あっという間に時間が過ぎてしまいます。■アカオハーブ&ローズガーデン [TEL]0557-82-1221 [住所]静岡県熱海市上多賀1027-8 [営業時間]9時~17時(最終入園16時) [定休日]12月・1月の火 [料金]大人1000円、小学生500円(5月15日~6月10日は割増あり) ※2020年4月以降入園料金改定予定 「アカオハーブ&ローズガーデン」の詳細はこちら熱海銀座おさかな食堂せっかく熱海に来たのだから、地元のものが食べたいですよね。おすすめは、新鮮なお魚料理が味わえる「熱海銀座おさかな食堂」。市内漁港で揚がる地魚を中心に、新鮮魚介をどっさり味わうことができます♪海鮮丼や定食の他、近隣商店の名物を積極的に取り扱っていて、地元の魅力をアピール!豆腐、練り物など酒のアテやスイーツにも注目のお店です。ランチにおすすめしたいのは、網代港で水揚げされた、脂乗り抜群のサバを使用した「網代サバ丼」1408円。刺身と炙りのハーフ&ハーフが嬉しい逸品です!■熱海銀座おさかな食堂 [TEL]0557-82-3715 [住所]静岡県熱海市銀座町8ー8 [営業時間]11時~15時(L.O.14時)、17時~22時(食事L.O.21時、飲み物L.O.21時30分) [定休日]なし 「熱海銀座おさかな食堂」の詳細はこちらオーシャンスパ Fuuaそしてお待ちかねの温泉!いちおしは、2019年3月、熱海ベイリゾート後楽園内にオープンした新感覚の日帰り温泉施設「オーシャンスパ Fuua」です。入浴料は中学生以上2750円です!海との一体感を味わえる眺望自慢の露天立ち湯は、全長約25mもあり、夜もキレイな景色を望むことができるそう♪そして、世界的ジオパーク、伊豆半島をイメージした2種類の岩盤浴やロウリュ体験、趣向の違う8種のラウンジなど魅力が満載で1日楽しむことができますよ。■オーシャンスパ Fuua [TEL]0557-82-0123 [住所]静岡県熱海市和田浜南町10-1 [営業時間]10時~23時(最終受付22時) [定休日]不定 [料金]入浴料中学生以上2750円、4歳~小学生1980円(土日祝・特定日は大人330円、子供220円増) ※熱海駅より無料シャトルバスあり 「オーシャンスパ Fuua」の詳細はこちら熱海温泉旅行で使った金額は?◆電車(東京-熱海・快速):往復3960円 ◆バス(湯~遊~バス):700円 ◆観光(アカオハーブ&ガーデン):1000円 ◆ランチ(熱海銀座おさかな食堂):1408円 ◆温泉(オーシャンスパ Fuua):2750円合計金額 9818円こんなに楽しめて1万円以下!とってもお得だと思いませんか?もっとグルメを楽しみたい方は、温泉施設をシンプルな場所に変えて、その分熱海銀座で食べ歩き!なんてのも良いですね♪箱根温泉【神奈川県箱根町】スーパー観光地箱根箱根町に点在する「箱根20湯」ともいわれる温泉の総称。間近に迫る富士山と美しい自然、多彩な史跡に観光名所…まさに老若男女が楽しめるスーパー観光地です。箱根湯本駅までは、新宿駅から小田急特急スーパー箱根で往復4660円で行けます。箱根は、常に新名所が誕生しているため何度訪れても新鮮です!洋食屋 木のぴーHOUSE箱根湯本駅に到着したら、まずは腹ごしらえ。こちらのお店のオーナーは箱根の老舗ホテルの元料理長だとか。美味しい洋食を「誰でも気楽に楽しめるように」との思いで、この店をオープンさせました!ビーフシチューや牛タンの煮込みなど評判の料理がたくさんあります。そして一番人気はジャンボハンバーグ!400gでなんと1000円!大きいのに柔らかくて食べやすいため最後まで飽きることなく食べられます♪火曜日と金曜日は、ランチセットとして提供され、値段が変わるそうです。■洋食屋 木のぴーHOUSE [TEL]0460-85-5156 [住所]神奈川県足柄下郡箱根町湯本206 [営業時間]11時30分~14時30分、18時~21時、L.O.20時 [定休日]月(祝は昼のみ営業) [アクセス]電車:箱根登山鉄道箱根湯本駅より徒歩6分。車:小田原厚木道路箱根口ICより5分 [駐車場]3台天山湯治郷 ひがな湯治 天山1回100円で乗車できる旅館送迎シャトルバスで温泉に向かいます。「天山湯治郷 ひがな湯治 天山」は、8000坪の敷地内7カ所の自家源泉から湧出する湯量はなんと1日約500t!一滴も水を加えない源泉100%掛け流しにこだわり浴槽までフレッシュな湯を直送しています。肌ざわり柔らかな湯はファンも多いそう♪入場料は1300円、タオル類は販売で、タオル200円、バスタオル350円です。■天山湯治郷 ひがな湯治 天山 [TEL]0460-86-4126 [住所]神奈川県足柄下郡箱根町湯本茶屋208 [営業時間]9時~23時(最終受付22時) [定休日]なし [アクセス]【電車】小田急箱根湯本駅より旅館組合巡回バスで10分 【車】西湘バイパス箱根口ICより10分 [駐車場]140台 「天山湯治郷 ひがな湯治 天山」の詳細はこちら百々茶温泉でのんびりしたら、あれ、なんだか小腹が空いてきた…。そんなときにはスイーツ!箱根にはたくさんのスイーツがあります。その中でも特におすすめなのが「百々茶」のしぼりたてモンブラン650円。和菓子に使われる栗ペーストや深煎りきな粉など、和の素材・地元の素材を活かしたモンブランは絶品です。■百々茶 [TEL]0460-85-7737(菜の花) [住所]神奈川県足柄下郡箱根町湯本705 まんじゅう屋・菜の花2階 [営業時間]10時~17時(L.O.) [定休日]火 [アクセス]箱根湯本駅より徒歩3分 「百々茶」の詳細はこちら箱根カフェ旅に行くと、買いたくなってしまうお土産。数ある箱根土産の中からおすすめするのは、昨年12月に発売されたばかりの、「登山電車のイラスト入り食パン(2斤640円)」です♪実はこの食パン、見た目が可愛いだけではありません!小田急グループのホテルがプロデュースするパン屋さんだけあって、なんと、時間と手間のかかる湯種製法で作られています。これはもう、高級食パンの領域です!パン生地を仕込む際に熱いお湯を使用することで、もっちりとした仕上がりになっていて、時間が経ってもしっとり感が続きます。また、トーストして食べると、その風味がいっそう引き立ちます!帰ってからの楽しみがあるのって、最高ですよね。2斤は多いなあという方には、1斤330円でも購入できます。■箱根カフェ [住所] 神奈川県足柄下郡箱根町湯本707(箱根湯本駅構内) [営業時間]8時~19時 [アクセス]箱根登山鉄道 箱根湯本駅改札よりすぐ 「箱根カフェ」の詳細はこちら箱根温泉旅行で使った金額は?◆電車(東京-箱根湯本):往復4660円 ◆ランチ(洋食屋 木のぴーHOUSE):1000円 ◆バス(旅館送迎シャトルバス):往復200円 ◆温泉(天山湯治郷 ひがな湯治 天山):1850円(タオル・バスタオルの購入費含む) ◆スイーツ(百々茶):650円 ◆お土産(箱根カフェ):640円合計金額 9000円なんと1000円もおつりが返ってくる!もう少し観光がしたい方は、遊覧船に乗ってみたり、神社に行ったりしても、約1万円で楽しむことができます。お酒が好きな方は地ビールを楽しむのもいいですね♪鬼怒川温泉【栃木県日光市】関東の奥座敷で自然を楽しむ鬼怒川上流域に広がる自然豊かな温泉地で、古くから箱根や熱海と並び「関東の奥座敷」と呼ばれてきました。春には渓谷アクティビティがおすすめですが、付近にはテーマパークも多く、退屈とは無縁です!鬼怒川温泉へは、東武特急を使えば浅草から乗り換えなしで5260円で行くことができます。鬼怒楯岩大吊橋まず行きたいのは、駅から徒歩15分の「鬼怒楯岩大吊橋」。温泉街と楯岩を結ぶ全長140mの歩道専用吊り橋で、揺れる橋の上から約40m下の流れを覗くとスリル満点!また、橋から見る景色は圧巻で、鬼怒川の大自然を満喫することができます♪鬼怒川は女性、楯岩は男性を表し、それを結ぶことから「縁結びの橋」とも言われているそうで、デートにもぴったりです。■鬼怒楯岩大吊橋 [TEL]0288-22-1525(日光市観光協会) [住所]栃木県日光市鬼怒川温泉大原 「鬼怒楯岩大吊橋」の詳細はこちら旬菜蔵せんや吊り橋を渡った後は、おいしいランチに行きましょう♪鬼怒川温泉駅から電車で約12分、片道350円の龍王峡駅にある「旬菜蔵せんや」では、湯葉料理を味わうことができます。揚げ湯波や湯波刺しなど、湯波づくしの田舎ゆば膳(1958円)は、ぬくもりのある味わい♪毎朝届くできたての湯波を使っているそう。古材を使った和の温もりあふれる店内では益子焼も販売していますよ。■旬菜蔵せんや [TEL]0288-77-0759 [住所]栃木県日光市藤原1357 [営業時間]10時30分~16時(LO15時) [定休日]木 [アクセス]【電車】野岩鉄道龍王峡駅より徒歩すぐ 【車】日光宇都宮道路今市ICより30分 [駐車場]8台 「旬菜蔵せんや」の詳細はこちら鬼怒川仁王尊プラザお腹がいっぱいになったところで、温泉に向かいましょう。おすすめする温泉は、龍王峡駅から電車で約15分、片道370円の小佐越駅にある「鬼怒川仁王尊プラザ」。入浴料は700円です。ライン下りで使われていた船を浴槽に転用した「屋形船露天風呂」がとってもユニーク!船旅気分を味わいながら温泉に入ることができますよ♪帰りは、木戸川温泉駅まで電車で約5分、片道150円です。■鬼怒川仁王尊プラザ [TEL]0288-76-2721 [住所]栃木県日光市鬼怒川温泉大原371-1 [営業時間]日帰り入浴9時~21時(最終受付20時) [定休日]なし [料金]入浴料 中学生以上700円、3歳~小学生350円 「鬼怒川仁王尊プラザ」の詳細はこちら登屋本店最後に足を運んでいただきたいのが、オリジナルの地ビール、地サイダー、地酒ほか県内の銘酒が富に揃う「登屋本店」。鬼怒川温泉駅から徒歩10分程の場所にあります。味わってほしいのが鬼怒川サイダー各216円です。日光市の老舗酒蔵で仕込みに使われる地下水、とちおとめ、地元農園のりんごなど地の素材にこだわって製造された、土地の旨みがぎゅっと詰まったサイダーなのです!■登屋本店 [TEL]0288-77-0305 [住所]栃木県日光市鬼怒川温泉大原1060-162 [営業時間]8時~20時 [定休日]水 「登屋本店」の詳細はこちら鬼怒川温泉旅行で使った金額は?◆電車:(浅草―鬼怒川温泉)往復5260円、(鬼怒川温泉―龍王峡)350円 (龍王峡―小佐越)370円、(小佐越ー鬼怒川温泉)150円 ◆ランチ(旬菜蔵せんや):1958円 ◆温泉(鬼怒川仁王尊プラザ):700円 ◆ドリンク(登屋本店):216円  合計金額 9004円こちらも約9000円♪ご紹介したプランにプラスして、食べ歩きやお土産探しなど、好きなことができそう!足湯施設もあるので、足湯に浸かりながら美しい景色を眺めるのもいいですね。まとめ3つのプランをご紹介しました。このプランを元に、行きたい場所や食べたい物、見たい景色などを追加して、自分だけの旅プランを考えてみてください。温泉が気持ち良い冬もあと少し。ぜひ、この記事を参考に、足を運んでみてくださいね♪ 

WEBで続きを読む
アプリダウンロード
おでかけコンシェル ダウンロード
おでかけコンシェル ダウンロード
提供:じゃらんニュース

この記事で紹介しているスポット

関連記事

おでかけコンシェル アプリイメージ
アルパインのおでかけアプリ「おでかけコンシェル」 アプリなら、カーナビにかんたん転送! おでかけを提案する記事やイベント情報、現在地周辺情報など、おでかけサポートが充実!
気になるスポットは保存したり、アルパインのカーナビへ転送することができます。
週末のおでかけのプランニングにお役立てください♪
App Storeでアプリをダウンロード Google Playでアプリをダウンロード QRコード
ALPINE
©ALPINE ELECTRONICS, INC./ALPINE ELECTRONICS MARKETING, INC. ALL RIGHTS RESERVED.