おでかけコンシェル

「旅や世界がテーマの書店」で妄想旅行!旅好きにはたまらない空間だった【東京】

2020/06/24

2019年11月に開業した商業施設「渋谷スクランブルスクエア」にオープンした『TSUTAYA BOOK STORE 渋谷スクランブルスクエア』。『TSUTAYA BOOK STORE 渋谷スクランブルスクエア』は、旅にまつわる本ばかりを置く書店です。約2万冊の書籍ラインナップもさることながら、選書チームが作ったという旅心をくすぐるポップも面白いと話題になっているそう。また、隣接したシェアラウンジスペースは「シェアオフィス」と「ラウンジ」の良さを併せ持ったスペースになっています。じゃらん編集部が取材に行ってきましたので、その魅力をお伝えします。※この記事は、2020年3月23日(月)に取材・撮影したものです。 ※営業時間の変更や休館をしている場合がございます。 最新の情報については、施設のHPをご確認ください。記事配信:じゃらんニュース目次『TSUTAYA BOOK STORE 渋谷スクランブルスクエア』はこんな本屋さん テーマから旅を選べる 行先から旅を決める 書店員さんのおすすめTOP5 シェアラウンジにも注目『TSUTAYA BOOK STORE 渋谷スクランブルスクエア』はこんな本屋さん旅に関する書籍が約2万冊「旅は人をクリエイティブにする」という発想のもと、店内には約2万冊の本が並びます。なぜ旅にまつわる本を置くことにしたのかというと、シェアラウンジを利用する方へ、刺激や好奇心を揺さぶる本を追求した結果が“旅”だったとのこと。 壁に広がる本棚の長さはなんと58メートル!たくさんの本に囲まれているだけで気分がります! また、ガイド本だけではなく旅を切り口にしたあらゆる種類の本が揃っているとのこと。ただ旅に行くためだけではなく、本を通して知らない世界を知ることで、刺激を受けられるような空間が広がっています。個性豊かなPOPに注目 棚の中で目を引くのは選書担当のスタッフさんが考えた個性豊かなPOP。テーマのブレストからはじめ、選書軸を決めて1冊ずつ文脈を考えて選書、POPのコメントまで一貫して考えているとのことです。 そのテーマは“旅”を大きな軸として、ブックストアのある東京・渋谷という街に関するものや、人生や人との出会いまで多岐にわたっています。 旅行に行こう!となり、旅先が決まっている方はガイド本の棚を、どんな旅をしたいかを考える方には、旅を軸としたさまざまな本が置かれたテーマ別の棚がおすすめ。次は、取材の中で特に気になったPOPや棚をご紹介します。テーマから旅を選べる旅先の酒場で出会う 酒場での出会いが好き!という店員さんの思いが詰まっているのがこの棚。その日その時間、酒場にいる人との出会いを楽しんでほしいと、酒場、飲み歩き、ランチ酒などお酒の楽しみ方がわかる本が並んでいます。お気に入りの一冊とともに、いったことのないお店の暖簾をくぐってみれば、きっと楽しい出会いが待っているはず。旅と恋愛 遠くに住む恋人を思う気持ちがつづられた本がそろう「旅と恋愛」の棚。この棚の本を手に取れば、見知らぬ土地での出会いや大好きな人と見る素敵な景色など、強く惹かれあう旅と恋愛の魅力を味わえます。アメリカで生き残るということ 「アメリカで生き残るということ」をテーマに揃えられた本から学ぶのは、超学歴社会・競争社会という厳しい現実の中で生き残る方法。厳しい土地の中でビジネスを成功させた企業にまつわる物語が楽しめます。旅する子ども達へ ひときわかわいいイラストが目を引くのは「旅する子ども達へ」の棚。まだまだ旅には出られないけれど、世界中に友達が欲しい!世界を見てみたい!という小さな旅人さんに贈りたい1冊がきっと見つかるはず♪旅の本を贈る 本はただ読むだけではなく贈り物にも。この棚には「旅の本を贈る」「世界の箱に詰めて贈る」をテーマに本を贈るためのさまざまなアイテムが並んでいます。本の内容に合わせてアイテムを選べば、渡した瞬間から旅気分を味わってもらえること間違いなしです!行先から旅を決める国内旅行編 「行き先は決まっているけど楽しみ方がわからない!」という方にお勧めなのが地域別の本棚。地域ごとに小説から写真集まで幅広くそろえられています。 少し変わった本が並ぶのが、「京都・大阪」の棚。京都の人のことばやたしなみ、京都で商いをする人々の本など、人気観光地「京都」を作り続ける『人』にフォーカスした棚です。また、「関西文学」と題し、関西人による関西弁で書かれた文学作品のみを集めた棚なんかも。今まで知らなかった関西の魅力を発見することが出来ます! また渋谷に集まる外国人観光客にむけて、TOKYOを紹介する洋書も勢ぞろい!東京が外国の人にどう見えているのか、手に取ってみるのも面白いかもしれません。海外旅行編 近年注目が集まっている「台湾」。そんな台湾の楽しみ方が詰め込まれた本棚。レトロな建築や台湾女子行きつけのグルメスポットなど見逃せない本がたくさん♪ 「Hygge(ヒュッゲ)」とはデンマークに根付く精神のこと。日照時間が短い北欧諸国で生まれたこの精神には毎日の過ごし方を豊かにするヒントがあるとか。この棚には、そんな精神を感じられる北欧デザインや、北欧の暮らし方に関する本が集まっています。書店員さんのおすすめTOP5書店スタッフの舟喜さんに、全2万冊の中から、おすすめの本を選んでいただきましたので、ご紹介します。エンドロール 自分にエンドロールが訪れるときに、人は何を思うのか?そんなことを思いながら、自分の大事な思い出を振り返ったりしながら8名の男性が書いたオムニバスの作品です。その中には、自分の人生で出会った大切な人への手紙を書いたものも。人の大事な部分に触れた1冊で、まるで映画のような本とのこと。まさに、旅こそ人生。人生こそ旅、そんな気持ちにもなれるそう。あいたくてききたくて旅にでる これまで50年にわたり東北の村々を訪ね、民話を集めてきた民話採訪者・小野和子の著書。この本を出版しようとした団体の方たちは、東日本大震災をきっかけに発足したそう。昔から語り継がれてきた民話からは、人の心、土地の歴史、時代背景などが感じられます。OSAKAN SOCIALISM 大阪と聞いたときに多くの人が思い浮かべるのは、有名なお菓子の看板や道の真ん中に浮かぶフグなどにぎやかなものが多いはず。そんな大阪のイメージとは反対に、整然とした風景が集められた写真集です。この1冊を片手に大阪を見て回れば、いつもとは違う魅力を発見できるはず。CURRY NOTE SPDX CURRY NOTEというその名の通り、見開きの左側にはおすすめカレーの紹介、そして右側は自由に書き込みができるノートになっています。店頭には実際に書き込みができるノートが用意されており(舟喜さんの私物)、食べに行ったお客さんがレビューを書きに来たり、そのレビューを見にカレー好きのお客さんが来たり、ノートを通じた交流も広がっているそう!100年の旅 人生の中でいったいどんなことが起きるのだろう。あの頃自分は何をしていたのかな。そんな気持ちになったことはありませんか?この本は1ページ目が1歳、10ページ目が10歳と、ページを開くごとに、その年齢の気持ちや考え、世界が描かれています。過去の自分を振り返ってみるのも、未来をのぞき見してみるのも楽しいですね♪ おすすめを紹介してくれた舟喜さん。選ばれた本の素晴らしさもさることながら、舟喜さんの口からすらすらと出てくるおすすめコメントがものすごくグッとくるんです。本の内容や作者の情報、また出版社に至るまで、すごい情報量で本の説明をしてくれます。「こんな旅がしたい」「こんな本が欲しい」と、店員さんに聞いて本をおすすめしてもらうのも良いですね。シェアラウンジにも注目シェアオフィス×ラウンジ シェアオフィスとラウンジの機能を合わせ持った空間として誕生したシェアラウンジ。こだわりの家具でコーディネートされた空間でカフェを楽しんだり、集中して仕事に取り組んだりと自由な時間を過ごすことができます。 カフェとして利用ができるエリアと、ビジネス用のエリアは分かれていて、どちらもとても居心地のいい空間が広がっていますよ♪フリードリンク・フリーナッツが楽しめる シェアラウンジ内ではフリードリンク、フリーナッツが楽しめます。驚きなのは、そのラインナップとこだわり! ドリンクコーナーには迫力のあるコーヒーサーバーが並び、アイス、ホットに合わせて多種多様な楽しみ方ができます。 さらに紅茶は全部で10種類、スープも全4種類と、コーヒーだけでなく様々なドリンクがそろっています。 フリーナッツも、全19種類と豪華なラインナップ!定番のミックスナッツはもちろん、カラフルなグミや、アーモンドチョコ、さらにはスパイシーなカレー風味のナッツまで味わえます。雑誌からインスピレーションを ブックストアのこだわりはなんとシェアラウンジの本棚にも。シェアラウンジ内の棚には厳選された雑誌が並んでおりその数なんと140タイトル!ラウンジ席には食や自然に関する癒しをテーマとした棚、ワーク利用席にはよりディープなテーマの棚が設置されています。それぞれの目的にあわせて雑誌を手に取り、インスピレーションを広げてみてくださいね♪まとめ旅の本しかない書店があると聞きつけ、これは行かなきゃ!と取材に行きました。ガイド本や、海外の写真集などがあるのかなと思いきや、店内には、さまざまな角度から“旅”をとらえた作品がたくさんありました。時にそれは人生だったり、愛だったり、ファッションだったり。『TSUTAYA BOOK STORE 渋谷スクランブルスクエア』に行けば、きっとあなただけの旅を見つけることが出来ます。ぜひ、チェックしてみてくださいね。■TSUTAYA BOOK STORE 渋谷スクランブルスクエア [TEL]03-6451-1697 [住所]東京都渋谷区渋谷2-24-12 11階 [営業時間]10時~23時(最終受付22時) ※営業時間の変更や休館をしている場合がございます。 最新の情報については、施設のHPをご確認ください。 [アクセス]【電車】JR・東京メトロ 渋谷駅直結、直上 「TSUTAYA BOOK STORE 渋谷スクランブルスクエア」の詳細はこちら 「TSUTAYA BOOK STORE 渋谷スクランブルスクエア」の詳細はこちら https://store.tsite.jp/tbs-shibuya-scsq/※この記事は、2020年3月23日(月)に取材・撮影したものです。 

WEBで続きを読む
アプリダウンロード
おでかけコンシェル ダウンロード
おでかけコンシェル ダウンロード
提供:じゃらんニュース

この記事で紹介しているスポット

関連記事

おでかけコンシェル アプリイメージ
アルパインのおでかけアプリ「おでかけコンシェル」 アプリなら、カーナビにかんたん転送! おでかけを提案する記事やイベント情報、現在地周辺情報など、おでかけサポートが充実!
気になるスポットは保存したり、アルパインのカーナビへ転送することができます。
週末のおでかけのプランニングにお役立てください♪
App Storeでアプリをダウンロード Google Playでアプリをダウンロード QRコード
ALPINE
©ALPINE ELECTRONICS, INC./ALPINE ELECTRONICS MARKETING, INC. ALL RIGHTS RESERVED.