おでかけコンシェル

【2020】京都の紅葉名所「東福寺」の見頃や見どころを紹介!混雑回避や周辺情報も

2020/09/13
その他

京都の紅葉名所・東福寺。今回は、京都で紅葉を見るなら事前に知っておきたい、見頃の時期や混雑回避のコツなどの情報を、東福寺の方に教えていただきました! 東福寺の紅葉といえば、赤く染まったもみじと通天橋。この絶景は見逃せません!期間限定で公開される塔頭「天得院」などの見どころや周辺の紅葉スポットにも注目です。 ぜひ、足を運んでみてくださいね♪記事配信:じゃらんニュース ※この記事は2020年9月4日時点での情報です。休業日や営業時間など掲載情報は変更の可能性があります。日々状況が変化しておりますので、事前に各施設・店舗へ最新の情報をお問い合わせください。目次東福寺の紅葉の見頃の時期はいつ? 見どころ1:通天橋から望む洗玉澗 見どころ2:真っ赤に染まった散り紅葉 見どころ3:紅葉の時期にしか公開されない塔頭 混雑を回避するには? 紅葉の時期限定の御朱印をゲットしよう 東福寺のライトアップについて 東福寺へのアクセス、拝観料について 東福寺周辺の紅葉スポット東福寺の紅葉の見頃の時期はいつ?(画像提供:東福寺)京都の紅葉の名所のひとつとして知られる東福寺。境内には約2000本のもみじが植えられ、その紅葉は京都随一とも言われるほど。この圧巻の紅葉を見ようと毎年多くの人でにぎわいます。東福寺のもみじは、「通天もみじ」と呼ばれる葉先が3つに分かれているもみじが有名です。例年11月中旬ごろから色づき始め、11月下旬から12月初旬が見頃です。色づき始めから散り紅葉まで約1か月間、様々な絶景をぜひ見に訪れてみてください。見どころ1:通天橋から望む洗玉澗(画像提供:東福寺)東福寺で紅葉の絶景といえば「洗玉澗」。境内を横切るように流れる川の周囲に広がる渓谷が「洗玉澗」です。この「洗玉澗」にかかる通天橋、臥雲橋からとてもきれいな紅葉が見られます。通天橋からの紅葉の景色は「錦の雲海」と言われるほどの絶景!通天橋の趣ある木造と紅葉のコラボもまたとても良い雰囲気です。紅葉の時期は、通天橋と臥雲橋からの撮影は禁止されていますのでルール・マナーを守って紅葉を楽しんでください。見どころ2:真っ赤に染まった散り紅葉 12月に入ると真っ赤に色づいた紅葉が散り始め、渓谷や庭が一面真っ赤な絨毯で覆われます。庭を埋め尽くし赤く彩る散り紅葉もまた楽しみたいところ。川の流れにのって流れていく紅葉も散り始めた時期だけ堪能できる美しさ!ぜひチェックしてみてください。見どころ3:紅葉の時期にしか公開されない塔頭 塔頭とは、「たっちゅう」と読みます。本山のトップや位の高い高僧が、引退後に隠居をするため、あるいは、亡くなったときにはお墓として境内の中に建てられたお寺のことを指します。その塔頭の中でもぜひ見に行きたいのが、紅葉時期限定で公開される「光明院」「龍吟庵」「勝林寺」です。上の写真は虹の苔寺ともいわれる「光明院」。「波心の庭」と呼ばれる庭園とその周りに色づく紅葉が美しい癒しスポットです。 「龍吟庵」では、3つの枯山水のお庭と紅葉がゆったり楽しめます。 「勝林寺」は本堂の両側の紅葉が圧巻です。美と縁結びにご利益がある女性の神様、吉祥尊天像が祀られていることから、吉祥もみじとも呼ばれています。ご紹介した塔頭は、比較的混雑が少ないため、ゆっくりと紅葉を楽しみたい人にもおすすめです。混雑を回避するには?東福寺は京都でも有名な紅葉の名所なだけに、見頃の時期は混雑必至。でも、なるべく人混みを避けたいという人には早朝の訪問がおすすめです。臥雲橋は一般道としても使われている橋なので、拝観時間前でも「洗玉澗」の紅葉を見ることができます。また、電車で訪れる場合は京阪「鳥羽街道」駅を利用すると駅から徒歩8分。「東福寺」駅より近く、かつ混雑も少ないそうです。紅葉の時期限定の御朱印をゲットしよう(画像提供:東福寺)せっかく紅葉の時に東福寺を訪れるなら、ぜひ期間限定のもみじのスタンプを押された御朱印もいただきましょう!通常時期とは異なり混雑緩和のために、すでに準備された「書き置きの御朱印」のみとなります。御朱印をいただく場合には、閉門時間ぎりぎりだとなくなってしまう可能性もあるので、余裕をもって早めの時間に行くのがおすすめです。東福寺のライトアップについて東福寺ではライトアップは行われませんが、2020年は塔頭「天得院」でライトアップが行われる予定なのだそう。夏と秋の2回特別公開となる「天得院」は、桃山時代に作庭された枯山水と紅葉が見どころです。ライトアップされたお庭は美しく幻想的な雰囲気。縁側に座ってゆっくり時間を過ごすことができます。東福寺へのアクセス、拝観料について■アクセス JR奈良線「JR東福寺」駅から徒歩10分、京阪電車「鳥羽街道」駅から徒歩8分。東福寺は京都駅からも比較的近く、電車でのアクセスが便利です。前述のように「JR東福寺」駅はホームから東福寺までずっと混雑が続くことが多いですが、京阪電車「鳥羽街道」駅からだと混雑を避けられるようです。紅葉の時期は、東福寺の駐車場は閉鎖されるため、公共交通機関の利用がおすすめです。■拝観料 通天橋を通る場合、大人1000円、小人300円。 紅葉の時期は、通常期とは拝観券の設定が異なりますのでご注意ください。東福寺周辺の紅葉スポット 東福寺から少し足を延ばしたところにある「雲龍院」も紅葉のスポット。蓮華の間にある「色紙の窓」からの景色がとても美しく、4つの窓それぞれに違った景色が映りとても風情ある紅葉が堪能できます。東福寺周辺には他にも紅葉スポットがあるので、ぜひ足を運んでみてください。■大本山 東福寺 [住所]京都府東山区本町15-778 [拝観時間]9時~16時(拝観受付終了は16時) ※11月~12月第一日曜日までは8時30分~、12月第一日曜日~3月末までは~15時30分(拝観受付終了は15時30分) [拝観料]【通常期拝観料】本坊庭園:大人500円、小人300円 通天橋:大人600円、小人300円 本坊・通天橋(共通):大人1000円、小人:300円 【秋季拝観料:11月10日~11月30日】本坊庭園:大人500円、小人300円 通天橋:大人1000円、小人300円 [アクセス]【電車】JR奈良線「JR東福寺」駅から徒歩10分、京阪電車「鳥羽街道」駅から徒歩8分【バス】京都市バス「東福寺」から徒歩4分 「大本山 東福寺」の詳細はこちら※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行われている可能性があります。 ※お出かけの際は、お住まいやお出かけされる都道府県の要請をご確認の上、マスクの着用、手洗いの徹底、ソーシャルディスタンスの徹底などにご協力ください。 ※掲載の価格は全て税込価格です。 

WEBで続きを読む
アプリダウンロード
おでかけコンシェル ダウンロード
おでかけコンシェル ダウンロード
提供:じゃらんニュース

この記事で紹介しているスポット

関連記事

おでかけコンシェル アプリイメージ
アルパインのおでかけアプリ「おでかけコンシェル」 アプリなら、カーナビにかんたん転送! おでかけを提案する記事やイベント情報、現在地周辺情報など、おでかけサポートが充実!
気になるスポットは保存したり、アルパインのカーナビへ転送することができます。
週末のおでかけのプランニングにお役立てください♪
App Storeでアプリをダウンロード Google Playでアプリをダウンロード QRコード
ALPINE
©ALPINE ELECTRONICS, INC./ALPINE ELECTRONICS MARKETING, INC. ALL RIGHTS RESERVED.