おでかけコンシェル

【全国】冬旅におすすめの温泉街7選!有馬温泉や城崎温泉で楽しもう<2022>

2022/01/06
温泉

温泉大国と言われる日本には、個性豊かな湯の町が数え切れないほど点在しています。そこで今回は全国から厳選した今の季節に行きたい温泉街を、各地のおすすめスポットとともにご紹介します。冬はひときわ美しい奥四万湖がある「四万温泉」、冬の味覚が楽しめる雪降る温泉街「城崎温泉」、「黒川温泉」では冬の風物詩にもなっている竹灯籠の灯りや息を呑むような満天の星に出会えます。この冬温泉旅行にお出かけの際は、日本の素晴らしさに触れられる湯の町散策もぜひ楽しんでくださいね。※この記事は2021年11月19日時点での情報です。休業日や営業時間など掲載情報は変更の可能性があります。日々状況が変化しておりますので、事前に各施設・店舗へ最新の情報をお問い合わせください。記事配信:じゃらんニュース目次銀山温泉【山形県・尾花沢市】 四万温泉【群馬県・中之条町】 伊香保温泉【群馬県・渋川市】 野沢温泉【長野県・野沢温泉村】 城崎温泉【兵庫県・豊岡市】 道後温泉【愛媛県・松山市】 黒川温泉【熊本県・南小国町】銀山温泉【山形県・尾花沢市】雪とガス燈がいざなう温泉ノスタルジア。 山形県尾花沢市の東部に位置し、宮城県との県境に近い山里に佇む銀山温泉。温泉街の中心を流れる銀山川沿いに、美しき木造多層建築が立ち並ぶ同温泉は、東北を代表する名湯のひとつとして人気を集める場所だ。ガス燈の明かりに照らされた雪の銀山温泉を歩く、大人の温泉トリップへ。銀山温泉共同浴場しろがね湯【山形県・尾花沢市】無双格子という伝統的な建具を用いるなど、建築的な面白さも隈研吾デザインの美しき共同湯。 温泉街の入り口に位置する銀山温泉で唯一の共同浴場。建築家の隈研吾氏がデザインを手掛けたモダンな空間と、硫黄の香り漂う銀山温泉のやわらかな湯が、冷えた体を芯から温めてくれる。■銀山温泉共同浴場しろがね湯 [TEL]0237-28-3933(銀山温泉観光案内所) [住所]山形県尾花沢市銀山新畑北415-1 [営業時間]8時~17時 [定休日]不定 [料金]入浴料500円 [アクセス]銀山温泉バス停より徒歩4分伊豆の華【山形県・尾花沢市】古民家をリノベーションしたレトロな雰囲気の店内グレナデンシロップでガス燈を表現した「銀山ハイボール810円」や「蔵王チーズ盛合せ850円」銀山の温泉街を望む美しき古民家カフェ。 築約140年の古民家を利用する店内からは、銀山温泉の町並みを楽しめる。美しい風景とともに、ガス燈の明かりをイメージしたオリジナルカクテルの銀山ハイボールや冬の名物かもせいろそばなどを、ゆっくり味わいたい。■伊豆の華 [TEL]0237-28-2036 [住所]山形県尾花沢市銀山新畑440 [営業時間]11時~22時 [定休日]水(臨時休業あり) [アクセス]銀山温泉バス停より徒歩4分 「伊豆の華」の詳細はこちら 「伊豆の華」のクチコミ・周辺情報はこちら四万温泉【群馬県・中之条町】冬の四万ブルーと名湯の今昔を訪ねて。 群馬県北西部に位置し、四万川沿いに美しい温泉街が広がる四万温泉。この温泉地の魅力は、大自然が描き出す息を呑むような絶景と、情緒あふれる湯の町が共存していることにある。鮮やかな“四万ブルー”に出合い、レトロとモダンが交錯する温泉街を歩く旅へ。四万川の流れに沿って広がる四万温泉の町並み。山肌が雪に染まる冬は、ひときわ美しい季節奥四万湖【群馬県・中之条町】標高700mを超える場所に位置する「奥四万湖」は、気温や天候によって多彩な表情を見せてくれる雪景色の冬はもちろん、新緑の春、紅葉の秋など、「奥四万湖」では、四季折々に風景が移ろってゆく四万ブルーと雪が描き出す冬絶景に出合う。 1999年に完成した四万川ダムによって誕生した周囲約4kmのダム湖。“四万ブルー”と称される独特の水面を湛えた絶景の名所として人気。山々や凍結した湖面を雪が覆う冬には、ひときわ美しい風景を楽しめる。■奥四万湖 [TEL]0279-64-2321(四万温泉協会) [住所]群馬県吾妻郡中之条町大字四万 [営業時間]見学自由 [定休日]なし [料金]見学無料 [アクセス]四万温泉バス停より徒歩で50分 「奥四万湖」の詳細はこちら 「奥四万湖」のクチコミ・周辺情報はこちら町営 四万清流の湯【群馬県・中之条町】四万川の畔に位置しており、渓流沿いの冬景色を楽しめる名湯の温もりに包まれて四万の雪景色を愉しむ。 四万温泉の入り口に位置する、人気の日帰り入浴施設。さらりとした肌触りの湯に満たされた男女別の露天風呂からは、四万温泉の雪景色をゆっくり楽しめる。広々とした内湯も風情があると評判だ。■町営 四万清流の湯 [TEL]0279-64-2610 [住所]群馬県吾妻郡中之条町大字四万3830-1 [営業時間]10時~20時 [定休日]第4水(年末年始は要問合せ) [料金]500円(2時間) [アクセス]清流の湯入口バス停より徒歩すぐ 「町営 四万清流の湯」の詳細はこちら 「町営 四万清流の湯」のクチコミ・周辺情報はこちら柳屋遊技場【群馬県・中之条町】はじめてスマートボールを楽しむ人でも、女将のふじこさんが丁寧に教えてくれるから安心じゃらじゃらと響く音も、どこかノスタルジック温泉街散策の合間に立ち寄りたい“昭和遺産”とも言うべき名店だ昭和レトロな遊技場で、スマートボールを楽しむ。 約半世紀もの歴史を誇る、四万温泉唯一の遊技場。名物女将のふじこさんが切り盛りする同店では、昭和レトロなBGMを聞きながら、かつて温泉街の定番レジャーとして親しまれたスマートボールは、思わずクセになる面白さ。■柳屋遊技場 [TEL]0279-64-2520 [住所]群馬県吾妻郡中之条町四万4145 [営業時間]10時~15時 [定休日]不定 [料金]1回500円(45玉) [アクセス]四万温泉バス停より徒歩5分 「柳屋遊技場」の詳細はこちらカフェ&ダイニング〈シマノネ〉【群馬県・中之条町】旅館をリノベーションした洗練された空間も素敵だジューシーな食感が魅力の「上州牛A3プレミアムフィレカツサンド3850円」のほか、スイーツなども豊富に揃う 群馬の逸品が一堂に会する食の新名所。 2020年12月にオープンした「スパゲストハウスLULUD(ルルド)」に併設されたカフェ&ダイニング。“群馬県の食のセレクトショップ”をコンセプトに、さまざまな県内の人気グルメを提供している。■カフェ&ダイニング〈シマノネ〉 [TEL]050-3740-8322 [住所]群馬県吾妻郡中之条町四万4138-1 [営業時間]ランチ11時30分~15時、カフェ15時~17時(LO16時)、ディナー17時30分~22時30分(LO21時30分) [定休日]なし [アクセス]四万温泉バス停より徒歩8分 「カフェ&ダイニング〈シマノネ〉」の詳細はこちら 「カフェ&ダイニング〈シマノネ〉」のクチコミ・周辺情報はこちらpublic LANGOLINO【群馬県・中之条町】「マッシュルームとマイタケ、トリュフのクリームソース1850円」カウンター越しの会話が弾む開放的な雰囲気も同店の大きな魅力湯上がりに美味なるイタリアンを。 2020年6月にオープンしたイタリアンレストラン。オーナーが自ら手造りしたおしゃれな店内で味わえるのは、化学調味料を使わず、旬のキノコをはじめとする地元産の食材をふんだんに用いる本格的なイタリア料理だ。■public LANGOLINO(パブリック ランゴリーノ) [TEL]090-9828-2529 [住所]群馬県吾妻郡中之条町四万4237-35 [営業時間]11時~16時(LO15時30分)、18時~21時(ディナーは要予約) [定休日]水・木(変動あり) [アクセス]四万温泉バス停より徒歩3分 「public LANGOLINO」の詳細はこちら伊香保温泉【群馬県・渋川市】風情ある石段街を、のんびりそぞろ歩き。 『万葉集』にその名が登場するほどの歴史を持つ伊香保温泉。群馬県を代表する温泉地として古くから発展してきたこの地のシンボルが、365段の石段の左右に、湯宿や土産物店や飲食店などが並ぶ石段街だ。徳富蘆花や与謝野晶子などの文人墨客も愛した、美しき石段街を歩く旅を楽しもう。雪の河鹿橋の幻想的な風景冬の石段街石段街の途中には「足湯 岸権 辰の湯」などの足湯スポットも石段街では、季節ごとにライトアップなども実施伊香保露天風呂【群馬県・渋川市】伊香保の源泉地に位置する露天風呂。近くには飲泉所も設けられている石段街の先で金色の名湯に出合う喜び。 365段の石段を上りきった先にある伊香保神社からさらに歩くこと6分ほどの場所に位置する、野趣あふれる露天風呂。伊香保温泉の滾々と湧き出す「黄金の湯」に身を浸しながら、周囲に広がる冬景色を楽しめる湯浴み処だ。■伊香保露天風呂 [TEL]0279-72-2488 [住所]群馬県渋川市伊香保町伊香保湯本581 [営業時間]10時~18時(最終入場17時30分)※4月~9月は9時~ [定休日]第1・第3木 [料金]中学生以上450円、小学生以下200円 [アクセス]伊香保バスターミナルより徒歩15分 「伊香保露天風呂」の詳細はこちら 「伊香保露天風呂」のクチコミ・周辺情報はこちら伊香保ロープウェイ【群馬県・渋川市】ときめきデッキからは赤城山や谷川岳のパノラマを一望することができる1962年の営業開始以来、伊香保温泉の観光客の足として愛される伝統のロープウェイ山々と温泉街をのんびり眺める特等席へ。 温泉街と標高955mの見晴駅を約4分間で結ぶロープウェイ。見晴駅の周辺には、雪に彩られた山々の稜線と湯煙の立ち上る伊香保温泉街が織りなす風景を望む、ときめきデッキなどが設けられている。■伊香保ロープウェイ [TEL]0279-72-2418 [住所]群馬県渋川市伊香保町伊香保560-1 [営業時間]9時~17時(上り最終16時45分) [定休日]なし [料金]中学生以上往復830円、小学生以下往復410円 ※1歳未満無料、6歳未満中学生以上1名につき1名無料 [アクセス]伊香保バスターミナルより徒歩2分 「伊香保ロープウェイ」の詳細はこちら 「伊香保ロープウェイ」のクチコミ・周辺情報はこちら花山うどん伊香保石段店【群馬県・渋川市】「舞茸天と石段あい盛り二味1570円」。2種の麺(鬼ひも川・ひも川)、2種のつゆ(醤油・胡麻)を楽しめる伊香保石段店の限定メニューレトロモダンな空間も魅力古民家をリノベーションした店は、石段街の雰囲気ともマッチする石段をモチーフにした伊香保の新たな名物。 群馬県館林市に本店を構え、看板メニューの “鬼ひも川”で知られるうどんの名店が、2021年4月に石段街にオープン。伊香保の石段をモチーフにした限定メニュー「石段あい盛り二味」は一食の価値あり。■花山うどん伊香保石段店 [TEL]0279-26-8066 [住所]群馬県渋川市伊香保町伊香保20 [営業時間]11時~LO15時30分(麺がなくなり次第終了)※販売は11時~17時 [定休日]火(臨時休業あり) [アクセス]伊香保バスターミナルより徒歩7分 「花山うどん伊香保石段店」の詳細はこちら野沢温泉【長野県・野沢温泉村】世界が憧れる雪と湯のリゾートへ。 長野県の北部に位置し、深い山々に抱かれるように広がる野沢温泉。パウダースノーと豊富な湯量に恵まれたこの温泉地は、日本人はもちろん、欧米や豪州の人々をも魅了するスノーリゾートだ。雪に遊び、独自の文化が息づく土地を歩く、静かな冬の旅へ。ゲレンデからは野沢温泉の温泉街を一望。遠くに聳えるのは北信五岳だ外湯や温泉宿、土産物店などが立ち並ぶ温泉街の風情も野沢温泉の魅力 外湯めぐり【長野県・野沢温泉村】温泉街の中心地に位置する「大湯」は、野沢温泉のシンボルともいえる外湯野沢温泉には湯の温度が高い外湯が多いが、「熊の手洗湯」は、比較的温度が低く入りやすいことから、観光客にも人気外湯の中でも歴史の古い「上寺湯」「大湯」の見事な湯屋建築にも注目したい 石造りの湯船が風情たっぷりの「松葉の湯」朝湯に良いといわれる「河原湯」 雪が降り積もる「河原湯」の外観。それぞれの外湯が異なる趣を持つのも面白い湯仲間が守る伝統の外湯を五感で楽しむ。 こぢんまりとした温泉街ながら、13カ所もの外湯(共同浴場)が点在する野沢温泉。外湯は“湯仲間”という制度によって管理・維持されてきた地域の人々の生活の場なので、マナーを守って湯浴みを楽しみたい。■外湯めぐり [TEL]0269-85-3155(野沢温泉観光協会) [住所]長野県下高井郡野沢温泉村豊郷 [営業時間]6時~23時(4月~10月は5時~) [定休日]なし [料金]入浴料:寸志 [アクセス]外湯の場所により異なる 「外湯めぐり」の詳細はこちら麻釜【長野県・野沢温泉村】大釜、丸釜、ゆで釜など、複数の釜に源泉が滾々と湧出する湯と人の関わりを物語る野沢温泉のシンボル。 野沢温泉に約30ある源泉の一つで、90℃近い熱湯が湧出。地元の人々がこの釜を使って山菜や野菜を茹でることから、“野沢温泉の台所”とも称される。温泉とともに生きる野沢温泉の人々の営みを感じられる名勝。■麻釜(おがま) [TEL]0269-85-3155(野沢温泉観光協会) [住所]長野県下高井郡野沢温泉村豊郷 [営業時間]見学自由 [定休日]なし [料金]見学無料 [アクセス]野沢温泉バス停より徒歩10分 「麻釜」の詳細はこちら 「麻釜」のクチコミ・周辺情報はこちら野沢温泉スキー場【長野県・野沢温泉村】2020年冬に開通した新長坂ゴンドラは、換気機能も充実初心者から上級者まで楽しめる多彩なコースが揃う日本最大級の規模を誇る雪遊びの聖地。 標高約600m の毛無山山麓から標高約1650mの山頂にかけて、36のコースが広がるスノーリゾート。スノーシュー(西洋かんじき)のレンタルもあるので、のんびり雪山歩きを楽しむのもおすすめ。■野沢温泉スキー場 [TEL]0269-85-3166 [住所]長野県下高井郡野沢温泉村豊郷7653 [営業時間]8時30分~16時30分、ナイター:17時~20時(ナイター営業日要問合せ) [定休日]12月中旬~5月中旬の期間中なし(オープン期間要問合せ) [料金]リフト・ゴンドラ1日券大人5200円、リフト・ゴンドラ1日券子ども2900円、リフト・ゴンドラ1日券シニア4200円 [アクセス]野沢温泉バス停より徒歩15分 「野沢温泉スキー場」の詳細はこちら 「野沢温泉スキー場」のクチコミ・周辺情報はこちら狸 tanuki cafe & restaurant【長野県・野沢温泉村】自家製バンズを使用する「旨味マッシュルームバーガー1500円」が絶品センスの良い店内には、野沢温泉の見どころなどがプロットされた大きな地図が大きな窓から美しい風景を眺められることも魅力だ湯の町歩きの拠点にしたいおしゃれカフェ。 温泉街の中心に位置し、湯めぐりの拠点にぴったりのロケーション。壁一面に野沢温泉の地図が描かれた開放的な店内では、和食から洋食、パンやスイーツ、ハンドドリップのコーヒーまで幅広いメニューを味わうことができる。■狸 tanuki cafe & restaurant(たぬき タヌキ カフェ アンド レストラン) [TEL]0269-85-3121 [住所]長野県下高井郡野沢温泉村豊郷9285 [営業時間]冬期7時~18時30分(金・土・祝は~21時30分)、夏期7時~15時30分(金・土・祝は~18時30分) [定休日]なし [アクセス]野沢温泉バス停より徒歩3分 「狸 tanuki cafe & restaurant」の詳細はこちらTRATTORIA BIVACCO【長野県・野沢温泉村】「国産和牛の煮込みソース パッパルデレ1980円」は、看板メニューのひとつシンプルな店内の雰囲気も魅力。イタリア産のナチュールワインも充実している地の食材を使う手打ちパスタに舌鼓。 2019年12月にオープンした同店は、オーナーシェフの大島頌さんが腕を振るうシンプルな料理とナチュールワインが評判。野沢の野菜やジビエなどの地の食材をふんだんに使う手打ちパスタは、村内にもファン多数。■TRATTORIA BIVACCO(トラットリア ビバッコ) [TEL]0269-67-0148 [住所]長野県下高井郡野沢温泉村豊郷9282-1-2階 [営業時間]18時~22時(LO21時、ドリンクLO21時30分)※夏期は12時~LO14時、18時~LO20時 [定休日]火、第1・3月(夏期は月・火) [アクセス]野沢温泉バス停より徒歩2分 「TRATTORIA BIVACCO」の詳細はこちら 城崎温泉【兵庫県・豊岡市】雪降る温泉街を歩き、美景と美食を巡る旅。 兵庫県の北部に位置し、西日本屈指の人気温泉地である城崎温泉。柳の木々が並ぶ大谿川沿いに7つの外湯が点在するこの地は、多彩な温泉街が点在するニッポンでも、ひときわ“湯の町散策”が似合う場所。雪が舞う美しい温泉街を歩き、とびきりの冬の味覚に出合う旅へ。大谿川沿いに広がる城崎温泉の温泉街。開湯約1300年の歴史を持つ同温泉は、外湯めぐり発祥の地ともいわれる御所の湯【兵庫県・豊岡市】キンキマメザクラやタチバナが植えられた庭園が雪化粧をする冬京都御所をイメージした重厚な外観も魅力。通称“美人の湯”とも呼ばれている開放的な庭園風呂で冬の城崎を感じる幸せ。 趣の異なる7つの外湯が点在する城崎温泉。2020年11月にリニューアルオープンしたこの外湯は、屋根を取り払った全面露天の庭園風呂が特長。但馬の山々をモチーフにした庭園を眺めながら、名湯の癒しを楽しめる。■御所の湯 [TEL]0796-32-2230 [住所]兵庫県豊岡市城崎町湯島448 [営業時間]7時~23時 [定休日]木 [料金]中学生以上700円、3歳~小学生350円 [アクセス]JR城崎温泉駅より徒歩10分 「御所の湯」の詳細はこちら一の湯【兵庫県・豊岡市】歌舞伎座を彷彿とさせる華やかな建物も特徴的「天下一」と称された名湯を、広々とした内湯や洞窟風呂で体感できる“天下一”と称賛された名湯を楽しむ。 城崎温泉を象徴する外湯のひとつ。かつては“新湯”と呼ばれていたが、江戸時代の名医・香川修徳が「城崎新湯は天下一」と称したことから、“一の湯”の名を冠するようになったことで知られる名湯だ。■一の湯 [TEL]0796-32-2229 [住所]兵庫県豊岡市城崎町湯島415-1 [営業時間]7時~23時 [定休日]水 [料金]中学生以上700円、3歳~小学生350円 [アクセス]JR城崎温泉駅より徒歩7分 「一の湯」の詳細はこちらをり鶴【兵庫県・豊岡市】冬季限定の「かににぎり2640 円」。「津居山かにフルコースは2万7500円~」凛とした雰囲気が漂う美しい店内。カニだけでなく、のどぐろや但馬牛など、厳選された素材を楽しめる創業80年の老舗で、「かににぎり」を味わう。 「銀座久兵衛」などの名店で腕を磨いた3代目が切り盛りする老舗寿司店。名物の「かににぎり」は、とろけるような甘みが印象的。その他、津居山かにの贅沢なフルコースも楽しめる。カニの仕入れ状況は要問合せ。■をり鶴 [TEL]0796-32-2203 [住所]兵庫県豊岡市城崎町湯島396 [営業時間]11時~14時(LO13時30分)、17時~21時(LO20時30分) [定休日]火、第2・第4水 [アクセス]JR城崎温泉駅より徒歩10分 「をり鶴」の詳細はこちら 「をり鶴」のクチコミ・周辺情報はこちら城崎町家地ビールレストランGUBIGABU【兵庫県・豊岡市】カニビール610円(グラス)はアルコール度6%で深みのある味わいカニのペペロンチーノ1220円も冬の人気メニュー湯めぐりの〆は名物のカニビールとカニグルメで。 大谿川を眺めながら麦芽100%の造りたて地ビールを味わえる町家レストラン。カニビールは、ほのかに甘い口当たりがカニ料理にベストマッチ。ヴァイツェンやピルスナーなど、他のビールも充実。■城崎町家地ビールレストランGUBIGABU [TEL]0796-32-4545 [住所]兵庫県豊岡市城崎町湯島646 [営業時間]11時30分~22時(LO21時30分) [定休日]木、第3水 [アクセス]JR城崎温泉駅より徒歩7分 「城崎町家地ビールレストランGUBIGABU」の詳細はこちら城崎文芸館【兵庫県・豊岡市】作家と城崎温泉の関わりを軸にした常設展のほか企画展も開催1階にはオリジナル商品などを販売するショップも文豪に愛された城崎温泉の魅力を深く知る。 城崎温泉ゆかりの作家に関する展示を行う人気のミュージアム。『城の崎にて』を著した志賀直哉をはじめ、さまざまな文化人と温泉街の関わりを知れば、温泉街散策がさらに楽しくなるはず。■城崎文芸館 [TEL]0796-32-2575 [住所]兵庫県豊岡市城崎町湯島357-1 [営業時間]9時~17時 [定休日]水、年末年始(展示替えのための臨時休館など、休館日変更の可能性あり) [料金]一般500円、中高生300円 [アクセス]JR城崎温泉駅より徒歩5分 「城崎文芸館」の詳細はこちら 「城崎文芸館」のクチコミ・周辺情報はこちら道後温泉【愛媛県・松山市】日本最古の温泉で、ニッポンの美に触れる。 『日本書紀』にも登場する日本最古の温泉といわれる道後温泉。温泉街のシンボルとして知られる道後温泉本館を中心に広がる温泉街には、華やかな美しさに満ちた、いくつもの見どころが点在している。アートに彩られた温泉街をそぞろ歩き、ニッポンの美に触れる旅へ。道後温泉別館 飛鳥乃湯泉【愛媛県・松山市】砥部焼の陶板壁画が印象的な大浴場個室休憩室のひとつである椿の間には、今治タオルを使用して椿を表現した作品が道後の伝統とアートに触れる湯浴み体験を。 2017年のオープン以来、道後温泉の新たなシンボルとして愛される外湯。館内では“美人の湯”と称される道後温泉の名湯を楽しめるほか、愛媛の伝統工芸と最先端のアートを組み合わせた多彩な展示も行われている。■道後温泉別館 飛鳥乃湯泉(どうごおんせんべっかん あすかのゆ) [TEL]089-932-1126(道後温泉コンソーシアム) [住所]愛媛県松山市道後湯之町19-22 [営業時間]1階入浴は6時~23時(コースにより異なる) [定休日]なし(年に1日臨時休館あり) [料金]1階浴室610円~(コースにより異なる) [アクセス]伊予鉄道道後温泉駅より徒歩3分 「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉」の詳細はこちら 「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉」のクチコミ・周辺情報はこちらお茶屋 華ひめ楼【愛媛県・松山市】夜はお座敷遊びや舞踊を楽しめる。(昼も要予約で可)。「日替わりおまかせコース8000円」など(要予約)「旬替わり昼膳3000円」(要予約)美しい空間はフォトスポットとしても人気が高い美しい古民家で粋なお座敷文化に触れるひととき。 2020年11月に開業した道後の新名所。道後温泉本館の隣接地にある古民家を改装した店内では、日本の伝統芸能である芸妓文化を気軽に体験できるほか、松山の寿司の名店「すし丸」が手掛けた昼膳などを味わえる。■お茶屋 華ひめ楼 [TEL]089-945-5151 [住所]愛媛県松山市道後湯之町13-4 [営業時間]11時~13時30分、18時~24時 [定休日]水 [アクセス]伊予鉄道道後温泉駅より徒歩2分 「お茶屋 華ひめ楼」の詳細はこちら空の散歩道【愛媛県・松山市】道後温泉本館を望む立地。道後温泉本館は現在保存修理工事中のため、外観の見え方は異なる今年の7月から後期工事に移行した道後温泉本館。東側入口から1899年築の「又新殿・霊の湯棟」に入館できるのも工事期間中の今だけだ道後の風景を望む足湯でリラックス。 道後温泉本館の南側にある冠山に設けられた遊歩道。寒椿や藤などの植物に彩られた散策路には足湯があり、のんびりとリラックスしながら道後温泉本館を中心に広がる道後の町並みを一望することができる。■空の散歩道(そらのさんぽみち) [TEL]089-921-5141 [住所]愛媛県松山市道後湯之町4-30 [営業時間]足湯6時~21時 [定休日]なし(足湯は12月に1日臨時休業あり) [料金]足湯無料 [アクセス]伊予鉄道道後温泉駅より徒歩5分 「空の散歩道」の詳細はこちら黒川温泉【熊本県・南小国町】美しき夜を探す、湯の里探訪。 阿蘇山の北に位置する黒川温泉は、九州を代表する憧れの温泉地。豊かな山と森に囲まれた田の原川沿いにこぢんまりとした湯宿が立ち並ぶ黒川温泉を冬に訪れるなら、なんといっても“夜のお散歩”を楽しみたい。美しい燈籠の明かりに照らされた温泉街を歩き、息を呑むような星空に出合う温泉旅へ。湯あかり【熊本県・南小国町】500個もの毬燈籠や高さ2mほどの筒燈籠が、自然の景観に溶け込むように配されている竹燈籠に灯る光が湯の町を優しく照らす。 2012 年にスタートした黒川温泉の冬の風物詩。川端通りや地蔵堂、旅館組合前など、温泉街の各所を竹でできた燈籠が彩る光景は圧巻。渓流と温泉街と燈籠の明かりが描き出す冬だけの風景をゆっくりと楽しんで。■湯あかり [TEL]0967-44-0076 [住所]熊本県阿蘇郡南小国町満願寺 [開催期間]2021年12月18日~2022年4月3日 [営業時間]日没~22時 [料金]見学無料 [アクセス]黒川温泉バス停より徒歩5分 「湯あかり」の詳細はこちら 「湯あかり」のクチコミ・周辺情報はこちら平野台展望所【熊本県・南小国町】タクシーを利用すれば温泉街から10分ほどでアクセスできる阿蘇の大地と星空が描く冬絶景を求めて。 温泉街の中心部から歩いて30分ほどの場所にある展望スポット。阿蘇五岳のダイナミックなパノラマが広がる日中から満天の星が輝く夜へ。刻一刻と変化するため息ものの絶景を楽しめるので、ぜひ足を延ばしたい。■平野台展望所 [TEL]0967-42-1444(南小国町観光協会) [住所]熊本県阿蘇郡南小国町満願寺瀬の本 [営業時間]見学自由 [定休日]なし [料金]見学無料 [アクセス]黒川温泉バス停より徒歩40分、タクシーで10分 「平野台展望所」の詳細はこちらパティスリー麓【熊本県・南小国町】カカオ78%と生クリームを生地に練り込んで、丁寧に焼き上げた「果菓坂ショコラ1本1500円」は、とろけるような口溶けとビターなカカオ感が魅力「塩麹のシュークリーム250円」も人気の湯めぐりスイーツだ湯めぐりのおともにしたい逸品スイーツ。 阿蘇山麓産のた��ご「蘇陽の月」など、地元の食材にこだわる洋菓子店。名物のシュークリームや国際味覚審査機構において優秀味覚賞に認定された果菓坂ショコラなど、湯めぐりのおともにぴったりのスイーツが揃う。■パティスリー麓(ろく) [TEL]0967-48-8101 [住所]熊本県阿蘇郡南小国町満願寺6610-1 [営業時間]9時~17時 [定休日]火 [アクセス]黒川温泉バス停より徒歩9分 「パティスリー麓」の詳細はこちら 「パティスリー麓」のクチコミ・周辺情報はこちら※掲載の価格は全て税込み価格です。 ※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、お住まいやお出かけされる都道府県の要請をご確認の上、感染拡大防止に充分ご配慮いただくようお願いいたします。 

WEBで続きを読む
アプリダウンロード
おでかけコンシェル ダウンロード
おでかけコンシェル ダウンロード
提供:じゃらんニュース

この記事で紹介しているスポット

関連記事

おでかけコンシェル アプリイメージ
アルパインのおでかけアプリ「おでかけコンシェル」 アプリなら、カーナビにかんたん転送! おでかけを提案する記事やイベント情報、現在地周辺情報など、おでかけサポートが充実!
気になるスポットは保存したり、アルパインのカーナビへ転送することができます。
週末のおでかけのプランニングにお役立てください♪
App Storeでアプリをダウンロード Google Playでアプリをダウンロード QRコード
ALPINE
©ALPINE ELECTRONICS, INC./ALPINE ELECTRONICS MARKETING, INC. ALL RIGHTS RESERVED.