おでかけコンシェル

【関東・菜の花10選】定番&穴場な絶景菜の花畑!春のピクニック&日帰り旅行の行き先候補に

2021/03/05
その他
【関東・菜の花畑10選】定番&穴場な絶景菜の花畑!春のピクニック&日帰り旅行の行き先候補に

“春の花”と言ったら何を思い浮かべますか?4月の桜や5月のチューリップも素敵ですが、幸せを運ぶ黄色い「菜の花」も春の主役のひとつです!
地域によって違いはあるものの、おおよそ3月中旬~4月後半にかけて見頃を迎えます。12月から花を咲かせる場所もあるようで、ほかの花に比べると長い期間楽しめるのが魅力ですよね。

そんな今回は、関東の「菜の花畑」を定番から穴場まで厳選してご紹介します。春のピクニックや日帰り旅行の行き先候補にいかがでしょうか。

※掲載している情報は、記事作成時点(2021年2月末)のものです。新型コロナウイルス感染防止対策をしたうえで、各施設や自治体の指示に従い、ルール&マナーを守った行動を心掛けましょう。

【千葉】小湊鐡道(こみなとてつどう)

小湊鐡道 レトロな列車と菜の花のコラボ
小湊鐡道 レトロな列車と菜の花のコラボ

「小湊鐡道(こみなとてつどう)」は、千葉県市原市周辺を走るローカル鉄道。レトロな列車と菜の花畑を同時に楽しみたいなら、この小湊鐡道に乗って「養老渓谷駅(ようろうけいこく)」を目指しましょう。
ローカル感の強いとってもレトロな鉄道ですが、一面の菜の花畑とレトロな列車のコラボは他では見られない絶景です。

小湊鐡道 養老渓谷駅舎
小湊鐡道 養老渓谷駅舎

小湊鐡道 養老渓谷駅から徒歩約15分のところにある菜の花畑
小湊鐡道 養老渓谷駅から徒歩約15分のところにある菜の花畑

「養老渓谷駅」に着く前に車窓から見える菜の花畑は、駅から徒歩15分程のところにあります。駅前で自転車を借りることもできるので、レンタサイクルで向かうことも可能です。
また、窓ガラスのないオープンタイプのトロッコ列車も必見!SL列車と模した「房総里山トロッコ」に乗って、春の空気をカラダいっぱいに感じてみましょう。

【見頃】3月中旬~4月中旬

【茨城】国営ひたち海浜公園

国営ひたち海浜公園 ネモフィラと菜の花のコントラスト
国営ひたち海浜公園 ネモフィラと菜の花のコントラスト

関東屈指の花の名所「国営ひたち海浜公園」と言えばネモフィラが有名ですが、同じ時期に菜の花も見頃を迎えます。
「スイセンの丘」では早咲きの菜の花が3月中旬頃に見頃を迎え、「みはらしの里」では4月中旬から5月上旬にかけてが見頃となります。昔ながらの日本家屋が立ち並ぶ「みはらしの里」では、田園情緒あふれる風景が楽しめます。

国営ひたち海浜公園 菜の花側は写真撮影の穴場かもしれません
国営ひたち海浜公園 菜の花側は写真撮影の穴場かもしれません

さらに開花のタイミングがばっちり合えば、ネモフィラとの2ショットを撮影できることも!菜の花の黄色とネモフィラの青色を同時に写真におさめることができるポイントを探してみてくださいね。

【見頃】スイセンの丘:3月中旬~4月中旬 / みはらしの里:4月中旬から5月上旬

【神奈川】吾妻山公園(あづまやまこうえん)

吾妻山公園 360度の大パノラマを望む絶景菜の花畑
吾妻山公園 360度の大パノラマを望む絶景菜の花畑

神奈川県二宮町にある「吾妻山公園」は、360度の大パノラマを望める絶景スポット。箱根や丹沢、そして富士山までもが手が届きそうなほど近くに感じられます。公園入口までは二宮駅から徒歩約5分とアクセスも良く、家族連れに人気の公園です。

そしてなんといっても、その絶景は「関東の富士見100景」に選ばれるほどの美しさ!一般的な菜の花よりかなり早めの12月下旬頃から、6万株の菜の花がじわじわと花を咲かせます。
お正月には澄んだ空気のなか、“日本一早い”と言われたこともある菜の花と迫力ある富士山を同時に望むことができますよ。

【見頃】1月上旬~2月中旬

吾妻山公園 菜の花と富士山のツーショットは必見
吾妻山公園 菜の花と富士山のツーショットは必見

【東京】浜離宮恩賜庭園(はまりきゅうおんしていえん)

浜離宮恩賜庭園 ビルに囲まれた菜の花畑は東京ならでは
浜離宮恩賜庭園 ビルに囲まれた菜の花畑は東京ならでは

東京都港区にある「浜離宮恩賜庭園」は、徳川将軍家ゆかりの江戸時代を代表する大名庭園です。関東最大の広さを誇るこの庭園では、汐留の高層ビル群と松の緑や季節の花々とのコントラストを楽しめます。

新橋方面の大手門口から入り、築地川沿いに少し進むとお花畑が見えてきます。巨大なビルの足元に黄色い絨毯が敷かれているようで、まさに都会ならではの絶景。お花畑自体はそれほど大きくないため、さくっと見て回るにちょうど良く、タイミングが良ければ桜とのツーショットも楽しめます。

【見頃】2月中旬~3月中旬
※令和3年3月7日(日)まで臨時休園中

浜離宮恩賜庭園 ビル越しの東京タワーと菜の花のツーショット
浜離宮恩賜庭園 ビル越しの東京タワーと菜の花のツーショット

【東京】葛西臨海公園(かさいりんかいこうえん)

葛西臨海公園 展望施設「クリスタルビュー」付近が菜の花スポット
葛西臨海公園 展望施設「クリスタルビュー」付近が菜の花スポット

東京都江戸川区にある「葛西臨海公園」は、東京湾を望む海辺の公園。広い敷地内には、水族園や日本最大級の観覧車があり、都内でも人気のレジャースポットです。

芝生広場や人工渚などさまざまなエリアがありますが、菜の花が咲くのは「汐風の広場ゾーン」。親水護岸(しんすいごがん)に沿う緩やかな勾配の芝生広場には、東京湾を望むことができる展望施設があり、その周辺に10万本の菜の花が咲きます。
見頃は、例年3月下旬頃から。詳しい開花状況は、公式Twitterを確認するのがおすすめです。

【見頃】3月下旬~5月上旬

葛西臨海公園 海と菜の花のツーショットが新鮮
葛西臨海公園 海と菜の花のツーショットが新鮮

【東京】国営昭和記念公園

国営昭和記念公園 シンボルツリーが立つ「みんなの原っぱ」は一面菜の花畑に
国営昭和記念公園 シンボルツリーが立つ「みんなの原っぱ」は一面菜の花畑に

東京都立川市と昭島市にまたがる「国営昭和記念公園」は、東京ドームの約40倍もの広大な敷地を誇る公園です。季節によってさまざまな花々が咲き、多くのイベントが開催されることでも有名です。

「国営昭和記念公園」の菜の花の見頃は、4月上旬から5月上旬。シンボルツリーであるケヤキの木が立つ「みんなの原っぱ」エリアで見ることができ、桜とのコラボレーションもばっちり楽しめます。菜の花畑の間に小路が設けられているため、より間近に感じることができますよ。

【見頃】4月上旬~5月上旬
※令和3年3月7日(日)まで臨時休園中→緊急事態宣言延長に伴って、3月21日(日)まで延長

国営昭和記念公園 桜と菜の花のコントラストを楽しんで
国営昭和記念公園 桜と菜の花のコントラストを楽しんで

【東京】千鳥ヶ淵公園(ちどりがふちりょくどう)

千鳥ヶ淵公園 緑道沿いの桜並木と菜の花とビル群
千鳥ヶ淵公園 緑道沿いの桜並木と菜の花とビル群

東京都千代田区にある皇居の西側、「千鳥ヶ淵緑道」沿いは桜と菜の花の名所です。全長約700mの遊歩道は、千鳥ケ淵戦没者墓苑入口から靖国通り沿いの麹町消防署九段出張所まで続いています。

春になれば、ソメイヨシノやオオシマザクラなど約1000本の桜が、千鳥ヶ淵公園と北の丸公園に咲き誇ります。皇居のお濠に倒れこむような見事な枝ぶりは、迫力満点。そしてその足元には、桜のピンクを際立たせるように愛らしい菜の花が花を咲かせます。水辺とのコントラストを楽しみましょう。

【見頃】3月下旬~4月上旬

千鳥ヶ淵公園 お江戸の春を思い起こさせる風景
千鳥ヶ淵公園 お江戸の春を思い起こさせる風景

【埼玉】熊谷桜堤(くまがやさくらつつみ)

熊谷桜堤 桜と菜の花と青空のコントラスト
熊谷桜堤 桜と菜の花と青空のコントラスト

埼玉県熊谷市にある「熊谷桜堤」は、「日本さくら名所100選」にも選ばれている桜の名所。荒川沿いに約2kmにわたっておよそ500本のソメイヨシノが咲き誇ります。そして、そのすぐそばには黄色い菜の花畑が一面に広がっています。
桜並木と菜の花畑の間には道があるため、左右に広がる景色の違いを楽しみながらぜひ散策してみてくださいね。

ただし、人の手によって植えられた菜の花ではなく自生しているため、その年の気候によっては咲き切らないこともあるんだとか。熊谷市の公式HP等で開花状況を確認するのがおすすめです。

【見頃】3月下旬~4月中旬
※2021年の「熊谷さくら祭」は開催中止

熊谷桜堤 桜と菜の花と青空のコントラスト
熊谷桜堤 桜と菜の花と青空のコントラスト

【埼玉】巾着田(きんちゃくだ)

巾着田 桜と菜の花畑
巾着田 桜と菜の花畑

埼玉県日高市にある「巾着田(きんちゃくだ)」は、日本最大級の曼殊沙華(彼岸花)のスポットとして有名な場所。しかし、春には桜と菜の花のコントラストを楽しめる場所でもあるんです。

高麗川に囲まれた巾着田の堤防沿いに桜が立ち並び、そしてそのすぐそばには鮮やかな菜の花が咲き誇ります。青い空と緑豊かな山々、そして薄紅色の桜に優しい黄色の菜の花が一度に楽しめます。
例年開催されている春のお祭りでは、ミニSLやワークショップなど親子で楽しめるイベントが行われているんですよ。(2021年の開催は未定)

【見頃】4月上旬~4月中旬

巾着田 菜の花畑を走るミニSL列車
巾着田 菜の花畑を走るミニSL列車

【埼玉】幸手権現堂桜堤(さってごんげんどうさくらつつみ)

幸手権現堂桜堤 桜並木と菜の花畑の間の小径を散策
幸手権現堂桜堤 桜並木と菜の花畑の間の小径を散策

埼玉県幸手市にある「幸手権現堂桜堤」は、関東屈指の桜の名所ですが、同時に菜の花も楽しむことができます。早咲きの菜の花は、2月上旬頃から咲き始め、河津桜やロウバイとともに春の訪れを知らせてくれます。

そして4月になれば、約1000本のソメイヨシノが1kmにわたって咲き誇り、その隣にはあたり一面を黄色く染める菜の花畑が広がっています。淡いピンク色と幸せいっぱいの黄色のコントラストは、まさに春爛漫!わざわざ行きたい絶景名所です。

【見頃】3月下旬~4月上旬

幸手権現堂桜堤 春は桜と菜の花、秋は曼殊沙華の名所
幸手権現堂桜堤 春は桜と菜の花、秋は曼殊沙華の名所

▼春はお花が綺麗な季節!関連記事はこちらをチェック

WEBで続きを読む
アプリダウンロード
おでかけコンシェル ダウンロード
おでかけコンシェル ダウンロード
提供:NAVITIME Travel

この記事で紹介しているスポット

関連記事

おでかけコンシェル アプリイメージ
アルパインのおでかけアプリ「おでかけコンシェル」 アプリなら、カーナビにかんたん転送! おでかけを提案する記事やイベント情報、現在地周辺情報など、おでかけサポートが充実!
気になるスポットは保存したり、アルパインのカーナビへ転送することができます。
週末のおでかけのプランニングにお役立てください♪
App Storeでアプリをダウンロード Google Playでアプリをダウンロード QRコード
ALPINE
©ALPINE ELECTRONICS, INC./ALPINE ELECTRONICS MARKETING, INC. ALL RIGHTS RESERVED.