おでかけコンシェル

【沖縄】「波照間島」圧巻の星空に包まれる、一生忘れられない体験を

2020/07/04
自然
【沖縄】「波照間島」圧巻の星空に包まれる、一生忘れられない体験を 写真提供:竹富町観光協会

沖縄の離島の一つ、「波照間島(はてるまじま)」をご存知でしょうか?
「波照間島」は、日本で最も南にある有人島。”日本でいちばん星空に近い島”と言われ、空いっぱいに広がる天然のプラネタリウムを楽しむことができます。
実は石垣島から1時間程度で行くことができ、最南端といえど、意外と簡単に足を運ぶことができるんです。
今回は、一生に一度は見ておきたい「波照間島」の圧巻の星空についてご紹介します。

日本でいちばん星空に近い島

星空観測タワーと星空
写真提供:竹富町観光協会
星空観測タワーと星空

波照間島にはその満天の星空を楽しむための「星空観察タワー」という施設があります。天体観測の障害となる気流の影響が少なく大気が安定しているため、星がくっきりと見えるのだそう。

また、波照間島では、12月~6月末に「南十字星」という星座を見ることができます。「南十字星」は、南の空の水平線ぎりぎりにある星座で、日本ではなかなか見ることができない珍しい星座です。
天の川は一年を通してみることができ、月の見えない時期には星本来の輝きを存分に楽しむことができます。

ニシハマ突堤からの景色
写真提供:竹富町観光協会
ニシハマ突堤からの景色

また、昼間の”ハテルマブルー”と呼ばれるグラデーションの海も必見。白い砂浜とサンゴ礁が点在する青い海の神秘的な光景を楽しめます。
夜は星、昼間は海と一日中楽しめるのも魅力です。

ニシハマ
写真提供:竹富町観光協会
ニシハマ

観光協会の方に聞いた、星をきれいにみるためのコツ

星空観測タワーと天の川
写真提供:竹富町観光協会
星空観測タワーと天の川

竹富町観光協会の方に聞いたところ、波照間島できれいな星を観察するポイントは下の2つ。

◆晴天(雲のない)、新月もしくは新月に近い日
◆気候的に、7月~9月は比較的晴天が多い傾向 

自然のことなので、時期的な確約は難しいそうですが、ぜひ参考にして星空ウォッチに挑戦してみてください。

波照間島への行き方・アクセスは?

一生忘れられない星空に会いに行こう!
写真提供:竹富町観光協会
一生忘れられない星空に会いに行こう!

<島への行き方>
石垣港離島ターミナル→高速船→波照間港
所要時間:1時間~1時間30分程度
料金:3150円/片道 ※1日3便

高速船の予約はこちらから

WEBで続きを読む
アプリダウンロード
おでかけコンシェル ダウンロード
おでかけコンシェル ダウンロード
提供:NAVITIME Travel

この記事で紹介しているスポット

関連記事

おでかけコンシェル アプリイメージ
アルパインのおでかけアプリ「おでかけコンシェル」 アプリなら、カーナビにかんたん転送! おでかけを提案する記事やイベント情報、現在地周辺情報など、おでかけサポートが充実!
気になるスポットは保存したり、アルパインのカーナビへ転送することができます。
週末のおでかけのプランニングにお役立てください♪
App Storeでアプリをダウンロード Google Playでアプリをダウンロード QRコード
ALPINE
©ALPINE ELECTRONICS, INC./ALPINE ELECTRONICS MARKETING, INC. ALL RIGHTS RESERVED.