おでかけコンシェル

横浜赤レンガの冬の風物詩のひとつ「Christmas Market in 横浜赤レンガ倉庫」が開催。今回は新マーケットが登場

2019/11/14
季節

◆横浜赤レンガの冬の風物詩のひとつ「Christmas Market in 横浜赤レンガ倉庫」が開催。今回は新マーケットが登場 2019年11月22日(金)から12月25日(水)まで、みなとみらいにある横浜赤レンガ倉庫で「Christmas Market in 横浜赤レンガ倉庫」が開催される。毎年恒例の伝統あるドイツのクリスマスマーケットのほか、今年は大人の雰囲気漂う新マーケットも登場。イルミネーション輝くロマンチックな空間で、本場ドイツを思わせるクリスマスを堪能しよう。 「ドイツ・ニュルンベルク」をモチーフにした本格的なクリスマスマーケット 横浜赤レンガ倉庫の冬の風物詩であるクリスマスマーケット「Christmas Market in 横浜赤レンガ倉庫」が今年も開催。今回は、多種多様なマーケットが特徴のドイツ3大クリスマスマーケットのひとつ、ニュルンベルクに倣ってコンセプトの異なる2つのマーケットを展開する。 ニュルンベルガープレート ひとつは、「ドイツ肉料理&グリューワイン」がコンセプトの “伝統あるドイツのクリスマスマーケット”。お店が並ぶヒュッテ(山小屋)の屋根を赤白ストライプに統一し、クリスマス飾りとして用いられるガーランドの装飾、ドイツから輸入した屋根人形の飾りを使用するなど、会場は本場ドイツ・ニュルンベルクそのもの! グリューワイン フードやドリンクメニューも充実。ニュルンベルクの名物ニュルンベルガーソーセージやドイツの郷土料理がいっぱい。本場のクリスマスマーケットに欠かせないグリューワインは34種類も取り揃えており、飲み比べても楽しい。 魚介のスープ「ズッパディペッシェ」 横浜・みなとみらいの景色を眺めながらシャンパンで乾杯ができる大人のマーケット 今年は会場海側の赤レンガパークに「シーフード&シャンパン」をコンセプトの新マーケットが登場。こちらは、白とブルーグレーを基調としたヒュッテが並び、落ち着いた装飾で統一し、会場奥の海側には、高さ約10mの本物 のモミの木を使用したクリスマスツリーを設置。ドイツの伝統的なマーケットとは異なり、横浜港とみなとみらいの景色とともにロマンチックな雰囲気を楽しめる。 産直牡蠣のクリスマスカラーソース こちらでは、「モエ・エ・シャンドン」をはじめとする約20種類のシャンパンや、産地より直送の殻付き牡蠣やガーリックシュリンプなど、シャンパンに合うシーフードメニューを提供。ほろ酔い気分でクリスマスを楽しんで。 イベント限定 オリジナルマグカップ 650円 クリスマスソングの生演奏やサンタクロースの登場も見逃せない 会場では、クリスマス気分を盛り上げるさまざまな催しを展開。サンタと出会えるサンタクロースグリーティングやクリスマスソングの生演奏が行われるほか、横浜赤レンガ倉庫1号館、2号館内ショップ&レストラン全店でクリスマスをテーマにしたグッズや、フードメニューも展開。 クリスマス雑貨 リースなどのクリスマス雑貨や、クリスマスまでのアドベント期間に食べるドイツの伝統的なお菓子「シュトレン」、毎年恒例のイベント限定オリジナルマグカップなどお家でもクリスマス気分を満喫できるクリスマス関連商品もいっぱいあるのでそちらも要チェック! 【関連記事】 ・夢のようにかわいいQ-pot CAFE.でXmasを ・東京ディズニーシーのクリスマスガイド2019 ・幹事必見!忘年会3大重視ポイント別店舗 ・「ディズニー・クリスマス2019」攻略ガイド ・野菜たっぷり!女子会に嬉しいヘルシーな店  

WEBで続きを読む
アプリダウンロード
おでかけコンシェル ダウンロード
おでかけコンシェル ダウンロード
提供:OZmall

この記事で紹介しているスポット

関連記事

おでかけコンシェル アプリイメージ
アルパインのおでかけアプリ「おでかけコンシェル」 アプリなら、カーナビにかんたん転送! おでかけを提案する記事やイベント情報、現在地周辺情報など、おでかけサポートが充実!
気になるスポットは保存したり、アルパインのカーナビへ転送することができます。
週末のおでかけのプランニングにお役立てください♪
App Storeでアプリをダウンロード Google Playでアプリをダウンロード QRコード
ALPINE
©ALPINE ELECTRONICS, INC./ALPINE ELECTRONICS MARKETING, INC. ALL RIGHTS RESERVED.