おでかけコンシェル

フォトジェニックな秋を!滋賀・坂本の元里坊「旧竹林院」の紅葉

2020/10/18
自然

滋賀県大津市の坂本にある旧竹林院は、元里坊のなかでもとりわけ見事な庭園を持つことで有名で、国の名勝にも指定されています。そして旧竹林院の主屋には、四季の彩り鮮やかな、庭園の風景の反射を撮る「リフレクション撮影」スポットが開設されています。秋の旧竹林院で、紅葉と幻想的なリフレクション撮影を楽しんで見ませんか? 滋賀県のリフレクション撮影の名所「旧竹林院」 旧竹林院の主屋の1階と2階には、座卓が置かれていて、手軽にリフレクション撮影を楽しむことができます。 とくにおすすめは、2階の座卓からのリフレクション撮影。まずは、中央に柱を入れて、シンメトリー風に撮ってみましょう。 リフレクション撮影の仕方は、とても簡単。座卓にカメラを置いてシャッターを切るだけです。あとは、座卓の上で、カメラの向きを変えたりして、お好みの構図を切り取ってください。ただし、座卓ごと動かすのは禁止です。 旧竹林院の紅葉の見頃は、例年11月中旬から11月下旬。旧竹林院は、坂本の中でも屈指の紅葉の名所として知られ、この時期には写真愛好家など、多くの観光客が訪れます。じっくりと撮影を楽しみたいという方は、開園直後の人の少ない時間帯が狙い目です。 リフレクション撮影のあとは国指定名勝の回遊式庭園を散策 主屋の1階の座卓からは、2階とは違った構図でリフレクション撮影を楽しめます。ポイントは何といっても、庭園にある和傘付きの茶席を入れての撮影。 リフレクション撮影のあとは、国指定名勝の回遊式庭園を散策してみましょう。旧竹林院庭園は、主屋の南西にあり、八王子山を借景として、滝石組、築山、茶室、四阿(あずまや)などを配しています。 庭園からは、八王子山の山頂に、日吉大社の奥宮を見ることができます。日吉大社の奥宮エリアの牛尾宮からは、琵琶湖を一望することができます。ちなみに、奥宮へは日吉大社の境内にある登山口より約1kmの道のりで、徒歩で片道およそ30分のハイキングとなります。 琵琶湖の絶景を楽しみたいという方は、旧竹林院とともにあわせて訪れてみてはいかがでしょうか。 晩秋の旧竹林院庭園では目にも鮮やかな散り紅葉も 旧竹林院庭園の築山に建つ四阿は、大正時代のもので、大津市指定文化財。四阿は、周囲の景観によく溶け込んでいます。 四阿の下の滝石組は、日吉大社の境内を流れる大宮川の水を引き込んだ滝となっています。撮影に際しては、カメラのシャッタースピードを遅くすると、水の流れをぶらして、流れの美しさを引き出す写真を撮ることができます。ぜひチャレンジしてみてください。 また、晩秋の旧竹林院庭園では、目にも鮮やかな“散り紅葉”を観賞することもできます。 秋の旧竹林院ではライトアップも さらに、秋の旧竹林院では、ライトアップが行われています。昼間とはまったく違った美しいリフレクション撮影を楽しむことができます。消灯された主屋から見る庭園のライトアップは、流れる時間さえも止まったようで、荘厳のひとこと。 旧竹林院のライトアップは、周囲がかなり暗いので、リフレクション撮影の際は、カメラの感度を上げ、シャッタースピードも遅くするようにしましょう。なお、ライトアップの観賞は、事前予約制となっています。詳細につきましては、関連MEMOをご覧ください。 <旧竹林院ライトアップ> 開催日時:2020年11月7日(土)~12月6日(日)までの金・土・日・祝日(計15日間) 時間:17時30分~20時30分(各回定員25名・30分交代制・1日4回) 料金:500円 

WEBで続きを読む
アプリダウンロード
おでかけコンシェル ダウンロード
おでかけコンシェル ダウンロード
提供:LINEトラベルjp 旅行ガイド

この記事で紹介しているスポット

関連記事

おでかけコンシェル アプリイメージ
アルパインのおでかけアプリ「おでかけコンシェル」 アプリなら、カーナビにかんたん転送! おでかけを提案する記事やイベント情報、現在地周辺情報など、おでかけサポートが充実!
気になるスポットは保存したり、アルパインのカーナビへ転送することができます。
週末のおでかけのプランニングにお役立てください♪
App Storeでアプリをダウンロード Google Playでアプリをダウンロード QRコード
ALPINE
©ALPINE ELECTRONICS, INC./ALPINE ELECTRONICS MARKETING, INC. ALL RIGHTS RESERVED.