おでかけコンシェル

最高峰の白トリュフ×黒毛和牛のマリアージュに酔いしれる夜

2021/11/25
体験

最高峰の白トリュフを東京にいながらにして、極めてフレッシュな状態で体験できる意外な一軒が、白金にある。プロの目利きによる極上のトリュフをこれでもかと削りかけてくれる、そんな贅沢な楽しみ方を知ろう。◆※コロナ禍の状況につき、来店の際には店舗へお問い合わせください。美食の宝庫・ピエモンテから直送される極上の白トリュフ高貴な白トリュフは、白い手袋を嵌めて恭しく扱うのが相応しい食材。手にしているものは約200g。今季は不作傾向にあり、価格が高騰。大きなものは300,000円以上にも白トリュフの名産地といえば、イタリア・ピエモンテ州。ことに、アルバ近郊で採れる白トリュフは極上品とされる。白金の一角に、そんな最高峰の白トリュフを絶品のすき焼きにかけていただく名店がある。黒毛和牛のしゃぶしゃぶ・すき焼きの専門店『今福』だ。極上の白トリュフと黒毛和牛、こんなに蠱惑的なマリアージュはない「すきやき 極上牛サーロイン」コース 11,000円に、白トリュフを追加することが可能。1枚の肉に対して3g相当を削りかけてくれる。トリュフの価格は週ごとに変動し、撮影時は1,650円/1g。肉の追加は3,850円/1枚実は、グループ内で白トリュフの輸入卸も手がけており、ピエモンテ在住の日本人トリュフ商・富松恒臣さんが厳選し自ら発送する白トリュフが最速で届くという。富松さんは、日本人で初めて「アルバのトリュフとワインの騎士」という称号を得た人物だ。毎週水曜の夕方に飛行機に載せられたトリュフは、木曜の昼に“来日”し白金のオフィスへ直行。トリュフに通じているイタリア人バイヤーのマッテオ・サンクリッカさんが香りや重さを確認し、速やかに契約店へ届けている。木曜の夜、白金のオフィスから至近距離にある『今福』を訪れれば、最も芳醇な香りを放つ白トリュフに出合えることが約束されている。今さら聞けない!トリュフって、なんでこんなに高いの?― 今さら聞けない!トリュフの基礎知識 ―そもそも、トリュフって何?どんな植物?植物学的には「キノコの一種」とされるトリュフ。だが、菌類の中でも「地下生菌」とされ、他の植物の根の周辺などに生息し、共生する。そのため、トリュフを採るときには訓練を受けた犬が地面を掘り、匂いを手がかりに探す。トリュフにはどんな種類がある?白トリュフのほかには冬場のみ収穫を許される黒トリュフや、夏場に出回るサマートリュフ、春が旬な淡い香りのビアンケットなども。殊にイタリアではその希少性から、採取可能な期間やハンターの資格が厳格に定められている。ピエモンテ州の白トリュフはなぜ高い?白トリュフはイタリア全土で収穫されるが、その品質の高さと希少性から「ピエモンテ州アルバ産の白トリュフ」が珍重されている。一方黒トリュフに関しては、フランス・ペリゴール地方産が最上とされ、価格も桁違いとなる。◆木曜の夜は、最高にフレッシュな白トリュフたっぷりのすき焼きを食べに、白金へ!▶このほか:居心地良すぎて引っ越せない…。慶應生が卒業後も住み続ける、三田線直通の“あの街”の魅力 

WEBで続きを読む
アプリダウンロード
おでかけコンシェル ダウンロード
おでかけコンシェル ダウンロード
提供:東京カレンダー

この記事で紹介しているスポット

関連記事

おでかけコンシェル アプリイメージ
アルパインのおでかけアプリ「おでかけコンシェル」 アプリなら、カーナビにかんたん転送! おでかけを提案する記事やイベント情報、現在地周辺情報など、おでかけサポートが充実!
気になるスポットは保存したり、アルパインのカーナビへ転送することができます。
週末のおでかけのプランニングにお役立てください♪
App Storeでアプリをダウンロード Google Playでアプリをダウンロード QRコード
ALPINE
©ALPINE ELECTRONICS, INC./ALPINE ELECTRONICS MARKETING, INC. ALL RIGHTS RESERVED.